top_line

宮世琉弥、出演ドラマ「闇金サイハラさん」の放送が「火曜深夜でよかった」と言われるワケ

アサジョ

 火曜深夜放送のドラマ「闇金ウシジマくん外伝 闇金サイハラさん」(TBS系)で、ひょんなことから非合法な高金利ローン会社「ライノーローン」で働くことになった役者志望の硲悠斗(はざま・ゆうと)を好演している宮世琉弥。アンダーグラウンド社会に足を踏み入れたことで、人間の業の深さや感情がねじれた時に発揮される黒いパワーなど、「人間とは何ぞや」という根源的なことを知っていく、視聴者と同じ目線を持った重要なキャラクターだ。

 戸惑いながらも「ライノーローン」社長の犀原茜(高橋メアリージュン)のもとで働く硲の姿が、芸能界で頑張る宮世自身と重なるように見えてくるのは、宮世の演技力のたまものだろう。

 宮世は放送中のドラマ「君の花になる」(TBS系)でも、劇中に登場する7人組ボーイズグループ「8LOOM」の「なる」こと成瀬大二郎として活躍中。本田翼演じる元高校教師で現在は「8LOOM」が共同生活する寮の寮母を務めている仲町あす花と、高橋文哉演じる「8LOOM」の作曲を担当する佐神弾の恋愛模様を主軸に描かれているドラマだが、宮世は間違いなく3番目に重要なキャラクター「なる」をしっかりと演じている。

「ネット上では、ヒロインの相手役を演じている高橋より、成瀬を演じている宮世のほうに高い演技力を感じている人が少なくないようです。『君の花になる』も『闇金サイハラさん』も火曜に放送されているドラマのため、宮世の演技力の幅の広さを実感しやすいと指摘されているようで『宮世はサイハラさんの放送日に感謝すべきかも』『サイハラさんが君花と同じ火曜日放送でよかったね』という声もあがっています」(女性誌記者)

 演技力と知名度をどんどんパワーアップさせている宮世。今後が楽しみな18歳だ。

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル