top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“リーゼント刑事”秋山博康「悪さをしたヤツは目に表れる」/ガタガタ言わせろ!(1)

アサ芸Biz

 おはようさん! リーゼント刑事こと秋山博康です。今回は唐突かもしれないが、法律違反の薬物依存症、いわゆる〝ポン中〟の見分け方についてガタガタ言わせていただきたい。

 ワシは高校を卒業後の1979年、徳島県警察に採用された。その後、交番勤務と機動捜査隊を経て31年間、刑事畑を歩んできた。

 機動捜査隊時代は、ポン中を逮捕するのも業務の1つでね。「ポン中を逮捕する名人」と呼ばれていた先輩といつも行動を共にしていたおかげで、自分なりの発見方法を見つけた。100人以上、逮捕できたのは、ヤツらに共通点があるからだ。主な特徴の、以下3点を紹介しよう。

【1】車を〝シャブ止め〟する。

広告の後にも続きます

〝シャブ止め〟は、ワシの造語。クスリがキマッていると横着になるのか、車線内に停車できない。必ずと言っていいほど、驚くほど斜めに止めている。ワシも現役時代、たくさん出演した「警察24時」(テレビ東京系)を観たことがある人なら、記憶がよみがえる方もいるだろう。コンビニなんかで、ビックリするほど斜めに止めてあるような車両だ。

〝シャブ止め〟した車は、大半が長期間洗車されておらず、バンパーなどにも細かなすり傷がある。車内も乱雑で整理されていない。ポン中だと、身の回りまで気遣えない現実が逮捕のきっかけとなる。ワシにとって即、職質の対象だった。

【2】携帯電話で話をする時に、ワキを締められない。

 皆さん、外出時に携帯電話に着信があって、電話に出た時の自分の姿を想像してみてください。普通、ワキを締めて、電話を耳に近づけて応じていませんか?

 これが、ポン中は脇を締められないんですよ。一般的に興奮剤だから、気分がアガりすぎているのかもしれない。腕を90度か、それ以上に上げて話す。普通なら腕が疲れてしまう角度を、延々と続けている。そういった細かい着眼点を、警察官は自分で発見せないかんわけです。

【3】ポン中は警察車両に出会うと、「逃げたい目(逃走したい目つき)」をする!

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル