top_line

「結果論でもあるから…」解説務めた本田圭佑がコスタリカ戦の敗戦に本音「森保さんに対してツッコミどころが多い試合」

超ワールドサッカー

「結果論でもあるから…」解説務めた本田圭佑がコスタリカ戦の敗戦に本音「森保さんに対してツッコミどころが多い試合」

日本代表が敗れたコスタリカ代表戦で解説を務めた本田圭佑が、本音を綴った。

27日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第2戦でコスタリカと対戦した日本。初戦のドイツ戦の勝利を生かし、ここでグループステージ突破に大きく近づく勝利を目指した。

前半から日本が主導権を握り攻め込んでいくものの、なかなか上手く攻撃の形が作れない。対するコスタリカもほとんどチャンスを作れず、こう着状態のまま試合は進む。

日本は前半途中からシステムを変え、後半からはメンバーを入れ替えて試合を動かしにいくが、立ち上がりのチャンスを生かせず。さらに、三笘、伊東純也とサイドアタッカーを入れるも、なかなか仕掛けさせることができず、ボールが2人に届かない。それでも何度か良い形を作っていたが、コスタリカがワンチャンスを生かしゴール。吉田麻也のアバウトな繋ぐボールを拾われて失点した。

その後は日本が猛攻。ボックス内でのシュートチャンスも作ったが、1点を死守するコスタリカの牙城を崩せずに0-1で痛恨の敗戦。ドイツ戦勝利のアドバンテージを失うこととなってしまった。

「ABEMA」でこのゲームの解説を担当していた本田。試合後には次に勝つしかないと落ち込んでいないとしていた中、自身のツイッターを更新。森保一監督への本音を綴った。

「正直に言うと森保さんに対してツッコミどころが多い試合やったと思う」

「でも結果論でもあるから、あんまりあれこれ言いたくないのと、まだスペイン戦もある」

「でもまー複雑な心境よw」

試合を終始支配し、危険なシーンをほとんど作られなかった一方で、攻撃の形を作れず、選手交代もボールの出して、ゲーム作りをする選手を入れず、最後はミスも絡んで失点して敗戦という結果に、不満と共に、複雑な心境であることを明かした。



サッカーの神様「ジーコ」が
本格サッカーシミュレーション「サカつくRTW」についに登場!
>詳しくはこちら

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル