top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『第2回さぬき花火浪漫』ではより花火大会というものを研ぎ澄ましていきたい――一般社団法人SMASH ACTIONが考える新しい花火大会のカタチとは

SPICE


2023年1月14日に国営讃岐まんのう公園にて開催される『第2回さぬき花火浪漫』。コロナ過の中、新たな花火大会を立ち上げ、今回はその2回目になるのだが、開催までの道のりは簡単なことではなかったはずだ。そこで『第2回さぬき花火浪漫』の運営をされている一般社団法人SMASH ACTIONの理事長・藤川氏、副理事長・宮本氏、理事・大久保氏、大町氏に『さぬき花火浪漫』とはどんなものなのか、どういった理念で運営されているのか、を訊いた。

写真:国営讃岐まんのう公園提供


――まず昨年のYouTubeで配信された映像を観させていただきました。ピアニストYouTuberのハラミちゃんとコラボもされていました。YouTubeは宣伝ツールとして欠かせないものになっていますよね。

大町:そうですね(笑)。やっぱりYouTubeは見られている方が多いですから。

――今回も生配信をされるのでしょうか?

藤川:配信については色々と詰めて話をしたのですが、今回は開催後に収録した映像を配信しようと思っています。

広告の後にも続きます

――生配信ではなく、やはり会場に来てもらって実際に花火を生で見ていただきたいと。

藤川:そうですね。イベントとしてコロナ前とコロナ後の違いは、やはり大きいと僕らは思っています。とにかく人を入れたらいいっていうのでは運営も難しいですし、それにあまりに規模を大きくしすぎてしまうと、周辺の警備が難しくなってしまう。『第2回さぬき花火浪漫』は人数をある程度制限して、よりプレミア感を出す、イベントとして研ぎ澄まされたものにしていきたいと思っています。ある意味、人気でなかなかチケットが買えないようなものにしていきたい。

――コロナ前までは有料の席はあっても、花火大会は基本的に地域の無料のイベントという扱いでしたが、コロナ過を経てもっとプレミア感のあるものに変えていこうという。そんな『第2回さぬき花火浪漫』は2023年の1月14日開催ですが、寒さ対策はされたりしているのでしょうか?

藤川:販売する席に暖房器具の用意はしていません。寒さ対策ではないですけど、シートで地べたに座るのではなく全部が椅子席になっています。夜露とかで地面が濡れたりしますし(前回は開場前に全席の露をスタッフが拭いた)、一般的な花火大会に比べて時間も短めですし。それに今はキャンプブームということもありますので、防寒対策も含めて来場者の方々にそういったアウトドア的なところも楽しんでいただければと思っています。

――来場者数を絞り、かつコンパクトで、有料席ならではの花火を近くで見ることができる特別感を出していくという。最近のグランピングブームに近いというか、特別な感じがします。

藤川:なので今回販売するすべての席が、今までの花火大会でいう“いい席”なんです。各座席の間隔は他の花火大会の有料席と比べてもかなり広いと思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル