top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

和楽器バンド、ボーカル不在の試練乗り越え全国ツアーを完遂 ファンと共に辿り着いた『ボカロ三昧2 大演奏会』ファイナル(写真10点)

SPICE

撮影=Keiko Tanabe


11月25日(金)に宮城・トークネットホール仙台(仙台市民会館)にて行われた、和楽器バンドの全国ツアー『ボカロ三昧2 大演奏会』ファイナル公演から、オフィシャルレポートが到着した。

11月25日(金)、和楽器バンドが、トークネットホール仙台(宮城県仙台市)公演をもってツアー『ボカロ三昧2 大演奏会』を完走した。“8人組、デビュー8周年”を掲げリリースしたボカロカバーアルバム『ボカロ三昧2』を引っ提げ、ツアーは8月に開幕。ところが、7本目の島根公演後、ヴォーカルの鈴華ゆう子が体調不良のため緊急入院。その後ヴォーカル不在のまま7人でツアーを続行するという異例の事態を乗り越え、ファンが見守る中、全23公演を完遂した。

撮影=Keiko Tanabe


18時30分に開演すると、Overtureに乗せて、黒流(和太鼓)、町屋(ギター&ヴォーカル)、亜沙(ベース)、山葵(ドラム)、いぶくろ聖志(箏)、神永大輔(尺八)、蜷川べに(津軽三味線)が観客に手を振りながら登場。アルバム同様、1曲目はリード曲「フォニイ」。ステージ中央にはマイクスタンドが置かれ、鈴華の姿はないが、ヴォーカル音源が会場に鳴り響く。「エゴロック」「グッバイ宣言」と、アルバム収録曲を連打。その楽曲の鈴華の歌声に、ユニゾンしたりハーモニーを奏でたりと、まずは町屋がヴォーカルを補っていく。曲の世界観を表すカラフルなアニメーションに重ね、LEDヴィジョンに投影される歌詞。文字は曲に合ったフォントが選ばれ、縦書きだったり横書きだったり、列が乱れてバラバラに散っていったりする一連の演出は、どこか動画投稿サイトを想起させる。

広告の後にも続きます

撮影=Keiko Tanabe


撮影=Keiko Tanabe


MCでは「デビュー8周年、ツアーファイナルでございます。一時はどうなることかと思いましたが……皆さんのおかげでここまで走ってこられました」「我々本来は8人バンドですけれども、(今日は)7人での公演になります。それぞれが100%以上の力を出しつつ、ファイナルなので、いいライヴをつくるには皆さんの力が必要です」などと語り掛けた町屋。速弾きを含む複雑なフレーズをギターで奏でながらヴォーカルを務め、加えて、手の振りも合間にしっかりと盛り込んでいたのは驚異的。これは町屋に限らずメンバー全員に言えることだが、メンバーは観客と頻繁にアイコンタクトをはかり、演奏の手をもちろん決して疎かにしないまま、合間に拳を突き上げて煽り、一体感を常に大切にしながらライヴに向き合っている姿が印象的だった。黒流は力強い和太鼓演奏に加え、ヘッドセットを装着し、観客の煽りや進行を担当。その全身全霊さによって、終盤にはすっかり声を枯らしてしまっていたほど。身を捧げてライヴを盛り上げようとしているのが痛いほど伝わってきた。

撮影=Keiko Tanabe


撮影=Keiko Tanabe


『ボカロ三昧2』の収録曲は、CD・配信それぞれの限定曲含む13曲もれなく披露。ボカロカバーアルバム『ボカロ三昧』でデビューした彼らにとって、原点回帰とも言えるコンセプトだが、ボカロシーンは8年前にも増してBPMの高速化が進み、メロディーが激しく乱高下するなど、難易度も高い傾向があるという。それをただ機械的に再現するのではなく、原曲には含まれていない和楽器を使っていかに表現をするか?は、アレンジ面でも演奏面でも、メンバーの腕の見せ所になってくる。通常ロックバンドのライヴでは目にすることのない楽器の数々を目にしたり、その音の響きを生で聴いたりするだけでも新鮮で、刺激的な体験だ。蜷川の背後には、ファイナルのこの日に1棹増えて、全8棹の三味線がラインナップ。KOGEI Nextとのコラボレーションで生まれたという、世界に一台だけの蜷川べに専用エレキ三味線“Lycoris”をツアーで初めてお披露目したのだが、漆塗りの赤いボディーは遠目にも艶やかに輝いていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル