top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

自殺や早世…十三代目襲名の海老蔵が背負う“市川團十郎の重圧と業”

女性自身

自殺や早世…十三代目襲名の海老蔵が背負う“市川團十郎の重圧と業”

「まだまだ未熟者で先祖の足元にも及びませぬが、一生懸命努力をして、精進したいと思っております。市川宗家としての覚悟でございます」

 

11月7日、市川海老蔵改め市川團十郎白猿(44)の十三代目襲名披露公演が、歌舞伎座にて華やかに開幕した。

 

「口上」に続き、厄落としになるといわれる市川家伝来の「にらみ」も披露。さらに家の芸である『勧進帳』『助六』では、團十郎が見えを切るたびに、

広告の後にも続きます

 

「成田屋!」
「十三代目!」

 

という「大向こう」(客席からの掛け声)が、満員御礼の劇場に響きわたった。この日、息子の勸玄君(9・かんげん)も、祖母の堀越希実子さんや姉の麗禾さん(11・れいか・市川ぼたんを19年に襲名)が見守るなか、八代目市川新之助を襲名した。

 

これに先立ち、10月31日から2日間行われた襲名披露の特別公演を観た古典芸能解説者で、かつてNHKで多くの歌舞伎中継も担当した葛西聖司さん(71)は、

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル