top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【京阪杯予想】ポイントは傷みが目立つ阪神競馬場の馬場適性

netkeiba.com

【京阪杯予想】ポイントは傷みが目立つ阪神競馬場の馬場適性

 2006年から芝1200mで行われるようになり、2014年からはジャパンカップとともに最終競走に組み入れられている短距離重賞。別定重量戦だけに基本的には実績馬を重視したい。昨年に引き続き阪神競馬場で行われるのがポイント。連続開催で傷みが目立つ馬場状態への適性もしっかりと考慮したい。

 ◎トウシンマカオは同じ阪神競馬場芝1200m戦が舞台だったオパールS優勝馬。決して有利とは言えない外枠からだったが、それまでのイメージを払拭するような待機策から最後の直線で鋭く伸びた。夏のキーンランドカップは初のスプリント戦ということもあって人気を裏切ってしまったが、前残りの展開の中で2着以下を突き放した前走を見る限り短距離戦への適性は高そうだ。また外枠を引いてしまったが、前走のような競馬ができるなら、評価を下げる必要はなさそうだ。

 〇タイセイビジョンは昨年の2着馬。それを含め重賞2勝2着5回。1200mの距離では9戦して2着5回。追い込み一手のために勝ちきれないレースが続いているが、CBC賞、北九州記念はともに重いハンデを背負って2着と能力を示している。前走は案外だったが、夏場に2回使った疲れもあったのかもしれない。今回は初めて背負う58kgがどうかだか、その能力は侮れない。

 ▲スマートクラージュは淀短距離Sの優勝馬でオーシャンSは1番人気10着。スタートで行き足がつかず、出していったためにやや力んだような格好になってしまったことと道中で乗りづらそうなシーンもあった。休み明けとはいえ、調教では時計を出しているので能力を出せる状態と判断した。好走すれば人気になるだけにここが妙味かもしれない。

 △エイティーンガールは昨年の優勝馬。キーンランドC、スプリンターズSを使って挑むローテーションは昨年と同じだ。6歳となり、初めて背負う56kgも気になるが、阪神競馬場1200mコースは5戦して3勝2着1回と得意にしている。

 少し時計がかかるような馬場を得意にしそうな△キルロード、昨年3着の△ファストフォースと、最後に△サンライズオネストの名前を挙げておきたい。今年1月のカーバンクルSに勝ち、秋はセントウルS3着。オパールSはトウシンマカオに屈したもののブリンカー効果が感じられる内容だった。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル