top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「圧がすごい」の生みの親は東野幸治、話を遮った今田耕司に向けた言葉がはじまり

SmartFLASH

 

 東野幸治が、11月24日放送の『たとえ発掘バラエティ 後藤&河合はウリふたつ!?』(日本テレビ系)で、「圧がすごい」という言葉の生みの親だと語った。

 

 必要以上に主張したり、プレッシャーを出してくる相手などに使われる「圧がすごい」。東野によれば、『やりにげコージー』(テレビ東京系)で、今田耕司が話を途中でさえぎってトークしたことを「プレスがすごい」と表現したという。

 

広告の後にも続きます

 

 だが、その際はあまり盛り上がらなかった。そこで、日本語に言い換えて「圧力がすごい」を経て「圧がすごい」を発案。

 

 収録で使ったところ大ウケしたため、「短期集中で『圧がすごい』っていうツッコミをめっちゃ使った。1年後くらいにテレビで(各所で)『圧がすごい』って使われてて。『やった!』って」と明かす。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル