top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ReoNaが駆け抜けた回り道という名の最短距離 ツアーファイナル 総括レポート

SPICE

photo by Viola Kam (V'z Twinkle)


2022.11.18~19(Sat/Sun)『ReoNa ONE-MAN Live Tour 2022 "De:TOUR』STANDING -歪-"/SEATING -響-@Team Smile – 豊洲PIT

2つの世界はそれぞれ確立しながらも、鏡写しのようにお互いを見つめていたような気がする。

来る来年3月、ReoNa初となる武道館公演への「まわり道」と称したツアー『ReoNa ONE-MAN Live Tour 2022 "De:TOUR』がその幕を閉じた。自身最長10都市16公演で、STANDING -歪-"、SEATING -響-"という2つのコンセプトで同時に全国を回ったReoNa。

経験値を積みたい、と初日に言っていたが、改めてファイナルとなる豊洲PIT2daysを見る限り、その願いは叶っていると思えた。両日とも後ろまでしっかり埋まったフロア、響はオールシーティング、歪はオールスタンディングなので密度こそ違えど、面白かったのは環境で観客の熱量が違う形で放出されるというのを肌で感じられたことだ。

両ライブ全16曲を歌い切るも、セットリストのかぶりは僅か4曲。2つのライブツアーを同時に展開していると言っても過言ではない今回。響は開演まで着席して静かに溜め込まれた熱が、ステージに向かって点で放たれるのに対して、歪は熱量が万雷の拍手と共に会場中に放射されるように展開されていたのが興味深かった。どちらも同じReoNaのお歌に対する熱には変わりはないのに、環境がライブそのものを変えて、彩るのだと改めて実感させてもらった。

広告の後にも続きます

会場BGMも、同じエド・シーランを使ってはいるが、入場前、響は「The A Team」、歪は「Castle On The Hill」。導入から雰囲気を変えながらも、変わらずReoNaはステージの中心に立つ。


今回は両ライブをあわせてのライブレポとなるので雑感が多めになるのだが、まずツアーを超えて一番感じたのは、ReoNaの存在感だ。数々のホールライブも経験してきた彼女だが、ステージに立った瞬間、今まで以上に全てを「ReoNaの世界」にしてしまう感覚が恐ろしく増していた。声の説得力、踏んできた場数、経験のすべてがReoNaを強いシンガーへと仕立て上げている。

響の一曲目はReoNa楽曲の中で最もポップネスな「ライブ・イズ・ビューティフォー」、歪は最も攻撃的なロックチューン「Independence」。両極端とも言えるこの二曲でライブは幕を開けた。端的に彼女自身の成長を感じることの出来たツアーになったと思うが、そう強く感じられるシーンがいくつかあった。

響ではデビュー曲「SWEET HURT」を前半で披露したが、歌唱力、表現力はそのままだが、いい意味であの時の青臭さも残した歌唱。原点を捨てているわけではないと感じられたと思ったら、「ネリヤカナヤ~美ら奄美(きょらあまみ)~」「まっさら」「生きてるだけでえらいよ」の三曲の畳み掛けは素晴らしかった。地元奄美大島を歌いながらも、広大なスケール感をファンタジックに感じさせる「ネリヤカナヤ~美ら奄美~」、そこからReoNa楽曲の中で屈指の“生”の歌である「まっさら」という生命力を感じるバラードが続く、その後に来る「生きてるだけでえらいよ」は転じてミニマムな世界観を切り取った意欲作だ。

荒幡亮平がキーボードで奏でる不安定な踏切音と「通りゃんせ」の導入から、語るようにとつとつと唄うReoNa。上手く生きられない何処かに居る、何処かの女の子のある日の日記のような言葉は、何処にでもある出来事だからこそ、まるで自分のことのように刺さってくる。

圧倒的なマクロな視点からミクロな心情までをシームレスに展開していく事ができるのが今のReoNaの強みだ。まるで自分のことのように響く音楽が会場を包む。歌い終わったあと拍手の一つもなく、完全な静寂のまま次曲「Lost」に展開していったのは圧巻だった。無言だからこそ感じる共感。稀有なものを見たと心底思う。


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル