top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

手巻き寿司専門店「権八 NORI-MAKI」を外国人観光客に勧めたい理由 / 自国でも「土曜日は手巻きの日」に

ロケットニュース24

手巻き寿司専門店「権八 NORI-MAKI」を外国人観光客に勧めたい理由 / 自国でも「土曜日は手巻きの日」に

その昔、土曜日は手巻きの日であった。大手食品メーカーのミツカン(Mizkan)が、1988年に「土曜日は手巻きの日」というキャッチフレーズでテレビCMを展開していたことを、覚えている人も多いだろう。そんな手巻き寿司の専門店が東京・原宿に存在する。

グローバルダイニングが運営する「権八 NORI-MAKI」は手巻き専門の寿司店である。利用してみたら、新たな手巻き寿司の魅力を感じることができた。

・自国でも土曜日には……

お店はJR原宿駅から徒歩約5分のところ、中華の老舗「南国酒家」の隣にある。2018年5月にオープンし、現在も営業を続けている。

メニューを見ると、レギュラーの手巻きは全25種類。シャリを低糖質のカリフラワーライスに変更することも可能のようだ。

平日は11~15時限定のランチメニューも用意されている。何を食べるか迷ってしまうという人は、手巻きランチセット(税込1500円)を選ぶと良いだろう。おすすめの手巻きが5種類もついているからね。

広告の後にも続きます

寿司が出てくるまでの間にサラダで腹ごしらえをしておこう。それにしても、寿司屋とは思えない店内だ。まるで高級なバーのような落ち着いた雰囲気。ジャズのBGMが、より一層高級感を演出している。

あのミツカンのCMのアットホームなイメージからは、ずいぶんかけ離れているな。進化系の手巻き寿司店といっても過言ではないだろう。

そしてこれがおすすめ5種の手巻きである。

ネタは、長いも明太・海苔たまご・とろたく・サーモンアボカド・牛しぐれの5種類。いずれもレタスの上にシャリがのっていて、レタスごと海苔に巻いて食べるとのことだ。

しっかり巻けるほど海苔が長くないので、オープンサンドイッチのようにして食らいつく。すると、海苔の美味さにまずビビる! 使用しているのは、丸山海苔店の「こんとび」という銘柄海苔で、有名寿司店でも愛用されているものなのだとか。

青のりが混ざっていて風味が豊か。食べる直前に巻くので、パリパリと弾ける歯ざわりが心地いい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル