top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“働く”とは何か、“仕事”とは何か、そして“平和”とは? 映画『医師 中村哲の仕事・働くということ』を各地で上映

OVO

 複雑化する社会において、仕事のありようも変化を免れない。より細分化されていく労働のなかで、「エッセンシャルワーカー」や「ブルシットジョブ」という言葉が生まれるなど、仕事の本来的価値とその対価との正しい関係性にも関心が生まれてきた。

 「己が何のために生きているかと問うことは徒労である。人は人のために働いて支え合い、人のために死ぬ。そこに生じる喜怒哀楽に翻弄されながらも、結局はそれ以上でもそれ以下でもない」――アフガニスタンとパキスタンで、病や戦乱、そして干ばつに苦しむ人々のために35年にわたり活動を続けた中村哲医師の言葉である。

 映画『医師 中村哲の仕事・働くということ』(製作:日本電波ニュース社/47分)が東京都世田谷区、西東京市、調布市などで上映される。

 1984年に医療支援を開始し、干ばつ対策用の用水路建設、農村復興へと活動を広げた中村医師。まず現地の言葉を覚え、現地の人々との対話を通じ、信頼を重ねていく。

 「私たちに確固とした援助哲学があるわけではないが唯一譲れぬ一線は“現地の人々の立場に立ち、現地の文化や価値観を尊重し、現地のために働くこと”である」。

広告の後にも続きます

 用水路建設では自ら設計図を引き、重機を運転し、泥にまみれて一緒に作業する。その作業には貧しさゆえにタリバンに参加していた農民も参加していた。

 荒れ果てた大地は蘇り、農作物は実り、65万人の生活を支えている。親子で収穫し、家族で食事をする風景は眩しい。中村医師はいう「これは人間の仕事である」と。

 同映画は、11月27日(日)午後3時から世田谷区の松沢教会礼拝堂(アフタートークは松沢幼稚園理事長・今関公雄氏)、11月28日(月)午後2時から世田谷区北沢タウンホール(谷津賢二カメラマン)、11月30日(水)午前10時から世田谷区北沢タウンホール(城南信用金庫名誉顧問・吉原毅氏)、12月2日(金)午前10時から世田谷区成城ホール(世田谷区長・保坂展人氏)、12月8日(木)午前10時より西東京市・保谷こもれび小ホール(東京外国語大学名誉教授・西谷修氏)で上映される。各30分前受け付け・開場。
 来年1月14日(土)午前10時から山梨市民会館、1月15日(日)午前10時から調布市文化会館たづくり、2月11日(土・祝)午前に国分寺市いずみホールでも上映される予定。

 いずれも参加費が必要となる。問い合わせ先はワーカーズコープ東京三多摩山梨(042-649-8801)。映画の情報は公式Facebookでも確認できる。http://ur0.work/DRvl

 すでに栃木県の那須中学校での上映実績があるが、「学校でのさらなる上映も企画している。また議員の勉強会でも使いたい」(ワーカーズコープ)という。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル