top_line

少女漫画の主人公が奇跡的にそろったようなドリームチーム、King & Prince。デビューから最新作『ツキヨミ / 彩り』までのキャリアを振り返る

QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

2022年11月9日に11thシングル『ツキヨミ / 彩り』をリリースしたKing & Prince。初週だけで79.2万枚のセールスを記録し、グループ史上最高の売り上げとなった。さらに、大晦日に放送される『NHK紅白歌合戦』への出演も決定し、その活動が大きな注目を集めている。

本稿では、King & Princeの歩みを改めて振り返ると共に、その魅力についてまとめたい。

King & Prince
(きんぐあんどぷりんす)平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太をメンバーとしたジャニーズ事務所所属のグループ。通称「キンプリ」。2018年5月、シングル『シンデレラガール』でデビューを果たす。2022年4月から5月にかけて、グループ初のドームツアー『King & Prince First DOME TOUR 2022 ~Mr.』を全国4都市で開催した。

この記事の写真を見る(全4枚)

素顔には親近感、ステージに立てば眩いオーラを放つ5人

11月9日に11枚目となる新曲『ツキヨミ / 彩り』をリリースしたKing & Prince。同作は、平野紫耀主演ドラマ『クロサギ』(TBS)の主題歌である「ツキヨミ」と、髙橋海人主演ドラマ『ボーイフレンド降臨!』(テレビ朝日)の主題歌である「彩り」による両A面シングル。11月8日付けのオリコンデイリーシングルランキングでは60.8万枚の売上で1位を獲得。デビューシングル『シンデレラガール』で記録した、自己最高初週売上57.7万枚を、1日で上回ったかたちだ。

広告の後にも続きます

ここで改めて、King & Princeについて紹介したい。メンバーは平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人、岸優太、神宮寺勇太。2015年のイベント『テレビ朝日・六本木ヒルズ夏祭り SUMMER STATION』にて正式にユニットを結成し、「Mr.KING vs Mr.Prince」の名で期間限定の活動を開始する。

2016年以降は「Mr.KING」と「Prince」に別れて活動していたが、「一緒にやりたい」という思いが募り、何度も話し合ったのちにジャニー喜多川氏に直訴。2018年、CDデビューを掴み取った。

王子様風の衣装に身を包み、華やかに歌い踊るデビュー曲「シンデレラガール」。ジャニーズの王道を行く作品として広く愛され、King & Princeの名は瞬く前に世間に知れ渡った。メディア露出が増えるにつれ、メンバーそれぞれの個性も明らかに。その素顔には親近感がありつつも、ステージに立てば眩いオーラを放つ彼らの人気はどんどんと高まっていく。

King & Prince「シンデレラガール」YouTube Edit

ドラマや舞台、MCといった個人活動の幅も広がる一方、2021年には『24時間テレビ44「愛は地球を救う」』(日本テレビ)のメインパーソナリティを務め、2022年は4大ドームツアーを成功させるなどグループとしても経験を積み重ねていった。

また、その人気に劣らぬ実力も磨き上げた。「I promise」「恋降る月夜に君想ふ」といった煌めく楽曲のみならず、ヒップホップ界では誰もが知るダンサーのメルビン・ティムティムが振り付けを手がけた「Magic Touch」や、TikTokを中心にバズを起こした「ichiban」(4thアルバム『Made in』リードトラック)にて高いパフォーマンススキルを見せつけると、ダンスインフルエンサーからも注目を集める存在となる。

King & Prince「ichiban」Special Dance Clip YouTube Edit

King & Princeの多面的な魅力を堪能できる『ツキヨミ / 彩り』

今回リリースした『ツキヨミ / 彩り』は、まるで異なる2曲をリードトラックとすることで、多面的なKing & Princeの魅力を堪能できるシングルに仕上がった。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル