top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「相手がかわいそう」完全覚醒したシェイ・ギルジャス・アレキサンダーに止まない称賛「止めるのが難しい危険な選手」<DUNKSHOOT>

THE DIGEST

「相手がかわいそう」完全覚醒したシェイ・ギルジャス・アレキサンダーに止まない称賛「止めるのが難しい危険な選手」<DUNKSHOOT>

 ユタ・ジャズが予想を上回り善戦しているウエスタン・カンファレンスにおいて、下位ながらも躍進の予兆を見せているのが、オクラホマシティ・サンダーだ。

 開幕3連敗を喫した時点では「今年もまた最下位争いか」と思われたが、その後怒涛の4連勝。そこからまた4連敗と敗戦が続くも、現地時間11月11日(日本時間12日)のトロント・ラプターズ戦で132-113と力強く勝利をモノにすると、次戦の敵地ニューヨーク・ニックス戦にも勝利した。

 23日のデンバー・ナゲッツ戦では、安全衛生プロトコルにより離脱していた相手の大黒柱のニコラ・ヨキッチが、復帰初戦でさっそく39得点と大暴れ。しかしサンダーのエース、 シェイ・ギルジャス・アレキサンダーも31得点、11アシスト、7リバウンドと応戦し、オーバータイムの末に5点差で惜敗という接戦を演じた。
  一昨季は右足の足底筋膜炎により3月中旬でシーズン終了、昨季もケガで何度か長期離脱し、今季開幕前にも左ヒザを痛めるなど、これまでコンディションに不安を抱えてきた。しかしミネソタ・ティンバーウルブズとの開幕戦から32得点、6バウンドと元気な姿を見せると、ここまで出場した17試合中12戦で30得点オーバー。

 11月16日のワシントン・ウィザーズ戦ではキャリアハイの42得点を叩き出しただけでなく、残り1秒で決勝弾となるステップバックスリーを決め、121-120の劇的な逆転勝利を演出するなど、目覚ましいパフォーマンスを披露している。

 平均得点ランキングは現在リーグ5位。さらに開幕15戦を終えた時点では、ステフィン・カリー(ゴールデンステイト・ウォリアーズ)と並び、リーグで唯一フィールドゴール成功率50%以上、3ポイント成功率40%以上、フリースロー成功率90%以上の“50-40-90クラブ”を達成していた。

 2018年ドラフトでシャーロット・ホーネッツから11位で指名され、直後にトレードされたロサンゼルス・クリッパーズでデビューした“SGA(ギルジャス・アレキサンダーの愛称)”も、今季でキャリア5年目。サンダーに加入して4年目と、いまやチームの大黒柱だ。

 デビューイヤーにはオールルーキー2ndチームにも選ばれた実力者は、まだ24歳という、選手として大いに成長できる時期にある。このままケガなく今のパフォーマンスを維持できれば、今季のMIP(最も成長した選手)は確実という声も上がっている。 そんな彼が貫くプレー中のマインドセットは“ゲームの流れに身を任せること”だという。

「ディフェンスが自分に対してどういう出方をしてくるかで動きを決める。僕はそうやってバスケットボールを教わってきた。だから強引にシュートを打ちにいくようなことは決してしないんだ」

 チームメイトのルージェンツ・ドートは「彼とマッチアップしなきゃならない相手がかわいそうだ」とコメント。実際にウィザーズ戦で彼と対峙したクリスタプス・ポルジンギスも「彼は危険な相手で、止めるのは難しい」と、SGAにキャリアハイを許した先週水曜の対戦後に漏らしている。

「身体の使い方なのか、ほかに何か秘密があるのかわからないけれど、彼は選手の間をスライドしながらバスケットに近づいていくんだ」

 ディフェンスの間をすり抜けるスムースな動きや勝負強さは、元オリンピック代表のスプリンターだった母親のDNAを受け継いでいるのだろう。
  キャリア11年目のベテラン、ブラッドリー・ビール(ウィザーズ)も白旗を上げた。

「彼はなかなか狡猾だよ。スピードで圧倒するわけじゃないんだが、自分に自信を持っていて、その状態にいる時は“自分をガードできる相手などいない”と思っている。どんな相手にだってアタックできると思っているんだ。もっとファウルを上手く使って封じ込めるべきだったね」

 サンダーは過去2年間プレーオフから遠ざかっている。ケビン・デュラント(現ブルックリン・ネッツ)やラッセル・ウエストブルック(現ロサンゼルス・レイカーズ)を中心にカンファレンス決勝まで上り詰めた時期を懐かしむ地元のファンは、SGAがふたたび球団を、その高みへと導いてくれることを期待している。

 しかし、会場に鳴り響くMVPコールにも「子どもの頃はNBAに行くのを夢見て、あっと言わせるような選手になりたいと思うもの。でも自分はそういったことは意識しないようにしているんだ」と、謙虚さを失わない。

 昨年の夏に更新した彼の契約内容には“オールNBAチームに選ばれたらサラリーが30%アップ”という条項がついているという。もはやそうなるのは確実なので、サンダーの財務部は、今頃予算調整に取り掛かっていることだろう。

文●小川由紀子

【PHOTO】NBA最強の選手は誰だ?識者8人が選んだ21世紀の「ベストプレーヤートップ10」を厳選ショットで紹介!

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル