top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

九州・柳川を舞台に池松壮亮ら日中スター俳優が共演した名匠 チャン・リュル監督の最新作『柳川』公開記念!日本未公開作『群山』とベルリン国際映画祭出品『福岡』限定公開決定!

cinefil

九州・柳川を舞台に日中のスター俳優が共演した名匠 チャン・リュル監督の最新作『柳川』を12
月30日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開、12月16日(金)よりKBCシネマにて福岡先行公開する運びとなりました。

チャン監督は、韓国、中国で活動する中国出身の監督で『キムチを売る女』(07)、『慶州(キョンジュ)ヒョンとユニ』(14)、『春の夢』(17)などが日本で劇場公開されており、ヴェネチア、カンヌ、ベルリンなど世界の三大映画祭で高く評価されてきました。今年11月に開催された中国映画の最高峰とされる映画賞である第35回金鶏奨(ゴールデンルースター賞)では、『柳川』が最優秀助演男優賞(シン・バイチン)、最優秀中低予算映画賞を獲得し、さらなる注目を集めています。

映画『柳川』予告編

監督・脚本:チャン・リュル
出演:ニー・ニー、チャン・ルーイー、シン・バイチン、池松壮亮、中野良子、新音 ほか
配給:Foggy/イハフィルムズ (2021年|中国|112分)

そんなチャン監督の最新作『柳川』の日本公開を記念して、12月23日(金)より、監督の過去作を2本、日本では劇場未公開の『群山』(18)と、ベルリン国際映画祭フォーラム部門に出品された『福岡』(19)を新宿武蔵野館を皮切りに、KBCシネマ、横浜シネマリンほか順次限定上映することが決定いたしました。

■『群山』 (2018年、韓国、121分)

広告の後にも続きます

監督・脚本:チャン・リュル
出演:パク・ヘイル、ムン・ソリ、チョン・ジニョン、パク・ソダム ほか

鳴かず飛ばずのアマチュア詩⼈のユンヨン(パク・ヘイル)は、先輩の元妻ソンヒョン(ムン・ソリ)とあいまいな関係を続けている。ある日、2人は思い付きで、ユンヨンの母の生まれ
故郷である⼩さな港町・群⼭へ旅に出ることにする。群⼭で彼らが泊まった民泊の主人(チョン・ジニョン)は、日本の福岡で生まれ育った韓国⼈で、今は自閉症の娘(パク・ソダム)と暮らしている。彼らは親子に好奇心をそそられ、やがてソンヒョンは主⼈に、ユンヨンは娘に惹かれていく…。旅から戻ったユンヨンは、保守的な父親、中国朝鮮族のメイド、美しい薬剤師に出会う。彼らと触れ合ううちに、デジャヴの感覚を経験するユンヨン。彼にとって群山の町は、旅の目的地であると同時に、新しい旅の始まりでもあったのだ。
『慶州 ヒョンとユニ』など地方都市を好んで舞台に据え秀作を発表しつづけるチャン・リュル監督が、日本統治時代の面影が色濃く残る韓国の地方都市・群山を舞台に撮影した作品。『殺⼈の追憶』『王の願いハングルの始まり』のパク・ヘイル、『オアシス』『自由が丘で』のムン・ソリが出演。

■『福岡』 (2019年、韓国・日本・中国、86分)

監督・脚本:チャン・リュル
出演:クォン・へヒョ、ユン・ジェムン、パク・ソダム、山本由貴ほか

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル