top_line

【スマートフォンアプリ(Android/iOS)配信終了のお知らせ】

制作期間30年!執念と狂気のストップモーションアニメ『マッドゴッド』-〈特殊効果の神〉フィル・ティペットが約20年にわたり書き溜めたという絵コンテとコンセプトアート、7点解禁!

cinefil

〈特殊効果の神〉フィル・ティペット監督作『マッドゴッド』を12月2日(金)より、新宿武蔵野館、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、アップリンク吉祥寺ほかにて全国順次公開となります。

『スター・ウォーズ』『ロボコップ』『スターシップ・トゥルーパーズ』シリーズなど、誰もが知る名作の特殊効果の数々を手掛け、その後のSF作品に計り知れない影響を与えた巨匠フィル・ティペット。その最新作は、驚異の制作期間30年をかけ生み出された、地獄のディストピアを巡るダークファンタジーだ。

今から約30年前、ティペットは『ロボコップ2』(90)の撮影後に本作のアイデアを閃き、制作を始めた。だが、『ジュラシック・パーク』(93)で時代が転換点を迎え、業界が本格的にCGへ移行。「俺の仕事は絶滅した」とプロジェクトは中断された­­――。それから20年後。ティペット・スタジオの若きクリエイターたちが奇跡的に当時のセットを発見し、彼らの熱望により企画が再始動。さらに、クラウドファウンディングで世界中のファンからの応援も集まり、2021年のシッチェス映画祭で上映され狂喜乱舞を呼んだ。CGに駆逐された<ストップモーションアニメ>の巨匠が放つ、魂の一撃。映画史に反撃の狼煙を上げる、最高傑作がここに完成した!

ティペットが約20年にわたり書き溜めたという絵コンテとコンセプトアート、7点解禁!

『ジュラシック・パーク』(93)で急激なCGの進歩が映画の制作現場を変えてから、この壮大な手作りのストップモーション・アニメ『マッドゴッド』のプロジェクトを中断させていたティペット。しかし、その間も本作のことが頭から離れず、美術や科学にインスパイアを受け、それらを“消化”するように世界観を膨らませながら、ノートに脚本や絵コンテを書き溜めていたという。結果的に、これらは若きティペット・スタジオのスタッフたちとの共同作業において、イメージを共有するための重要なツールとなった。

広告の後にも続きます

解禁された絵コンテでは、ガスマスクをつけた主人公のアサシンや、剥き出しの歯がユーモラスなクリーチャー「シー・イット」の姿、鋭利な脚と毛むくじゃらの胴体を持った謎の生物のスケッチなどが確認できる。

  • 1
  • 2
 
   

ランキング(映画)

ジャンル