top_line

三代目JSB・山下健二郎が語る『スラムダンク』の魅力「NBAやバスケそのものへの愛が詰まっている作品」【わたしと『スラムダンク』#1】

QJWeb クイック・ジャパン ウェブ

映画化で話題となっている『スラムダンク』を愛するアーティスト、アイドル、俳優、芸人らが『スラムダンク』やバスケットボールにまつわる思い出を紹介する連載「わたしと『スラムダンク』」

第1回目は、中高とバスケットボール部に所属し、『スラムダンク』を人生のバイブルとまで語る山下健二郎(三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)が登場。

この記事の写真を見る(全4枚)

一番好きなキャラは陵南高校の仙道彰

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE 山下健二郎

初めて『スラムダンク』に触れたのは、中学生のとき。兄が単行本を持っていて、それを借りて読みました。中学に入ってからバスケを始めた僕はすっかりハマってしまい、そこから自分でも単行本を買ったり、アニメを追ったりするようになりました。中学時代、高校時代と何度も読み返した、まさに人生のバイブルですね。
 
作中で一番好きなキャラクターは、陵南高校の仙道彰です。仙道は明るくてポジティブで、初登場のときも遅刻してくるのですが、監督の前で「寝坊です」ってはっきり言うんですよね。それがすごくかっこよく思えて。練習が嫌いで、サボって釣りに出かけたりするところも、同じく釣り好きの僕としては推せるポイントです(笑)。

仙道もそうですが、湘北高校だと流川楓とか、天才肌のスタープレーヤーに憧れていました。あとは、やっぱり三井寿も好きですね。三井はちょっとかっこよ過ぎます(笑)。ベタですが「安西先生…!! バスケがしたいです……」という名言も大好きです。バスケ部に戻ってきた三井が、缶ジュースのプルタブも開けられないほど練習に疲れ果てて、バスケから離れていたことを悔やむシーンにもグッときました。

インターハイ出場を決めた桜木と赤木の名シーンに感動

『スラムダンク』の作中で登場するシューズ(AIR JORDAN 1 BRED)

広告の後にも続きます

本当に好きなシーンが多過ぎて、挙げればキリがないですが、湘北が陵南に勝ってインターハイ行きを決めたとき、号泣する赤木剛憲の肩を桜木が抱くところが一番好きかもしれないです。「さぁ整列だ」という桜木花道の名言が生まれたシーンですね。決勝リーグ初戦の海南大附属高校戦で負けてしまったときは、自分の不甲斐なさに泣く桜木に赤木が声をかけるのですが、ここでは立場が逆転するんです。そのリンクに気づいたときは、ものすごく感動しましたね。

自分は中学1年生の時点で身長が170cmあったので、バスケ部ではセンターやフォワードを担当することが多く、桜木や赤木、陵南高校の魚住純のゴール下のリバウンドなんかをよくまねしていました。でも、実はシューターに憧れていました(笑)。ボール運びがすごく苦手だったので、けっこう泥臭く立ち回ってました。

『スラムダンク』を通じて学んだこともたくさんあります。僕は高校3年生のとき、バスケ部のキャプテンをやっていたのですが、顧問がバスケ経験者ではありませんでした。なので、練習メニューを自分で考えたりもしていて、それがけっこうしんどかった。心が折れそうなときは『スラムダンク』を読み返して、バスケを楽しむためのモチベーションを保っていました。同時に、作品で描かれているチームワークの大切さみたいなものも意識しながら全体の練習メニューを組むようにしていました。僕は現在もグループの中で活動していますが、その際に重要な精神を『スラムダンク』から学んだと言っても過言ではありません。

最大の魅力はNBA好きが思わず興奮するマニアックさ

『スラムダンク』のポストカード

『スラムダンク』の最大の魅力は、井上雄彦先生のバスケに対する愛情が伝わってくるところだと思います。おもしろいバスケ漫画はたくさんありますが、こんなにNBAやバスケそのものへの愛が詰まっている作品は読んだことがありません。

そんな井上先生のバスケ愛が垣間見えるシーンがたくさんあって、たとえば陵南高校戦の木暮公延のスリーポイントシュート。あのフォームはNBAのシカゴ・ブルズで活躍したジョン・パクソンのフォームですよね。ほかにも、僕は初めて買ったバッシュ(バスケットボールシューズ)がナイキのエア マックス ペニーで、そこからペニー・ハーダウェイ(NBAのオーランド・マジックなどで活躍した元プロバスケットボール選手)を好きになったのですが、山王工業高校の沢北栄治がそのままハーダウェイで痺れました。赤木も完全にパトリック・ユーイング(NBAのニューヨーク・ニックスなどで活躍した元プロバスケットボール選手)ですよね、髪型も一緒ですし(笑)。

そんなふうに、この登場人物はあの実在選手がモデルなんだろうなとか、履いてるバッシュはなんだろうなとか、バスケ好きにとってはたまらない要素が散りばめられているんですよね。読んでいた当時は特にNBAが盛り上がっていたので、まわりのみんなとそんな話をよくしていました。

  • 1
  • 2

TOPICS

 
   

ランキング(エンタメ)

ジャンル