top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

電子音楽とデジタルアートの祭典『MUTEK.JP 2022』 国内外アーティスト全43組が明らかに

Real Sound

『MUTEK.JP 2022』キービジュアル

 今年で7年目を迎える電子音楽とデジタルアートの祭典『MUTEK.JP』を東京・渋谷のさまざまな会場で、12月7日~11日までの5日間開催する。本日、最終ラインナップと全プログラムが公開となった。

【関連記事】渋谷にサウンドホログラムが登場 MUTEK.JPとKalkulによる「Urban Sound Gallery」がローンチ

 最先端のデジタルアートと音楽によるコラボレーションで誰も見たことのない「興奮」と「驚き」に溢れたパフォーマンスを体験できる音楽フェスティバルに、全43組の国内外アーティスト(26のパフォーマンス)の出演が決定。

 音楽フェスティバルには、池田亮司が10年振りの最新アルバムからオーディオビジュアルコンサートを披露。そして、中国系カナダ人であるSougwen 䇤君 Chungのインスタレーションや、ドイツ人プロデューサーPantha du Princeによる待望の初来日公演などに加えて、フランスから「テクノ界のハッカー」の異名を持ち、テクノロジーとダンスの新しい合成をパフォーマンスするNSDOS。そして、国内からはグラフィックアーティストYOSHIROTTENによる初のオーディオビジュアル・ライブパフォーマンスなどを追加。さらに東京を代表するクラブ「WOMB」と今年もオールナイトイベントを実施する。

 また、今年はデジタルクリエイティブに焦点を当て、AI、XR、メタバース、Web3 などの業界の発展に寄与することを目的としたカンファレンスイベント『MUTEK.JP Pro Conference』を12月8日と9日の2日間に渡りSHIBUYA QWSの「スクランブルホール」にて開催。フェスティバルに参加する国内外のアーティスト、クリエイターをはじめ、技術者、専門家、企業からの立役者が一堂に会し、トーク、パネルディスカッション、プレゼンテーションなどのプログラムを通して、デジタルクリエイティブなコンテンツの価値を探求していく。

広告の後にも続きます

 ほかにも、最先端のXR技術を用いたクリエイティブ作品の展示会「VR Exhibition」や電子音楽とデジタルアートの祭典「MUTEK.JP」とコンテンポラリーダンスの祭典「ヨコハマダンスコレクション」が初めて提携するなど、さまざまな取り組みが企画されている。
(リアルサウンドテック編集部)

TOPICS

ジャンル