top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

磯山さやか、17年ぶりに映画主演 劇団東京乾電池・吉橋航也とのW主演作『愛のこむらがえり』が2023年初夏公開へ

SPICE

(C)「愛のこむらがえり」フィルムパートナーズ


映画『愛のこむらがえり』の製作が決定。2023年初夏の公開を予定していることがわかった。

『愛のこむらがえり』は、磯山さやかが『まいっちんぐマチコ!ビギンズ』以来、17年ぶりに主演をつとめる映画。おなじく主演に、劇団東京乾電池の吉橋航也を迎え、W主演で製作される作品だ。メガホンをとったのは、根岸吉太郎監督や相米慎二監督、市川凖監督、宮藤官九郎監督、岩井俊二監督らの助監督を務め、生田斗真主演の映画『渇水』の公開も控える髙橋正弥監督。また、脚本は、加藤正人氏、安倍照雄氏、三嶋龍朗氏が担当している。

(C)「愛のこむらがえり」フィルムパートナーズ


東京・調布市をメインの舞台とした本作で描かれるのは、邦画界の片隅で生き、理想の映画を作ることに奔走する男女の悲喜こもごも。地方都市の市役所職員だった佐藤香織(磯山さやか)は、地元映画祭で観た田嶋浩平(吉橋航也)の自主映画に大いに感動し仕事を辞め上京した。その後、映画界の仕事に就いた香織は撮影現場で浩平と再会する。

広告の後にも続きます

主演の磯山さやか、吉橋航也のコメントは以下のとおり。

 

磯山さやか(佐藤香織 役)

磯山さやか


この度、愛のこむらがえりで主演を務めさせていただきました、磯山さやかです。

最初にお話をいただいた時には、ドッキリなのかと思ったくらい本当に驚きました。ですが、髙橋監督から作品への熱い想いを聞かせていただき、この想いに応えたいという気持ちで演じさせていただきました。

映画を作りたいという 2 人の物語ですが、実際撮影しながら、何度も台本を読みながら、一つの映画を作るのは大変な事でもあり、その分喜びが大きいのだなと感じました。作品の中でも沢山の方に支えてもらっていますが、撮影も共演者の皆様、スタッフの皆様に助けていただきました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル