top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

佐野史郎語る「敗血症で死の覚悟」娘の版画が救ってくれた命

女性自身

佐野史郎語る「敗血症で死の覚悟」娘の版画が救ってくれた命

「血液のがんと診断され、抗がん剤治療を目指しているとき、免疫力が弱まったせいで敗血症に……。39度、40度の熱が2~3週間続くとさすがにキツくて“もうだめか”とあきらめた瞬間もありました」

 

こう振り返るのは、俳優の佐野史郎(67)だ。多発性骨髄腫の治療から生還し、再び演じることの喜びを感じる日々に至るまでを本誌に語ったーー。

 

「昨年4月、熊本県の映画祭に出席したときに少しだけ悪寒がして“新型コロナだったら嫌だな”って思って、早めに寝たんですね。翌朝は平熱だったのであまり気にすることもなかったんですが、帰京後、39度の熱が出たんです」

広告の後にも続きます

 

クリニックのPCR検査では陰性だったが、血液検査での白血球数値が異常で「大学病院を紹介するので入院の準備をしてください」と言われた。

 

「“1週間くらい入院しないといけないのかな”ってカミさん(石川真希・62)にも話して病院に向かったんです」

 

ところが、予想していたよりもずっと重い病気だった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル