top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寺島しのぶ​​“塔子”、愛人暴露で浅田美代子“千晶”と泥沼化「腹抱えて笑った」

TVerプラス


​​岡田将生が主演を務める木曜ドラマ『ザ・トラベルナース』(テレビ朝日系、毎週木曜21:00~)の第​​6話が11月24日に放送。ネット上では、病院側とナースとの泥沼のかけあいに「爆笑」と反応する声があった(以下、ネタバレが含まれます)。

院長の天乃隆之介(松平健)と事務長の西千晶(浅田美代子)は、看護部長・愛川塔子(寺島しのぶ)を呼び出し、ただでさえ少ない夜勤の看護師数をさらに減らすと告げる。塔子は異論を唱えようとするが、押し切られてしまった。

みんなにどう伝えればいいのか悩む塔子は、九鬼静(中井貴一)に悩みを吐露。静は彼女の胸の中にある思いをじっくりと聞いて鼓舞した。

そんな中、患者の六川源太(六平直政)​​がトラブルを起こし、塔子が責任を追求される形に。彼女は謝罪をするも、途中でやめて「ナースは一生懸命頑張っています!」と反論。千晶と隆之介に対し、現場の苦労をわかってくれていない。ナースばかりが無理難題押し付けられているとぶつけた。千晶が煽ると、塔子は「院長は自分の愛人を事務長にしてる! そんなの最低ですよ!」と院長の息子の太郎(泉澤祐希)​​や那須田歩(岡田)らがいる前で暴露した。

隆之介はシラを切るが「とっくの大昔に別れてるわよ!」と千晶。自分の思惑とは違ったのか隆之介は目を見開く。ここで2人の言い合いは止まらない。「その服だってどうせ院長に買ってもらったんでしょ?」「ハワイのアウトレットで自分で買いました」「そのハワイだって院長のお金で行ったんでしょ?」「こんなドケチが出してくれるわけないでしょ!?」……。2人に挟まれた隆之介は狼狽するばかりだった。

ネット上では、2人の泥沼のやりとりと院長のリアクションに「腹抱えて笑った」「顔芸やめw」「ちょっとかわいい」​​との声があった。

次回は12月1日に放送。再入院していた大学生・三上礼(荒木飛羽)の身に異変が起こる。​​

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル