top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

W杯サプライズ!森保ジャパン大番狂わせは「岡ちゃん、ごめんね」の再来だ

アサ芸プラス

 FIFAワールドカップ・カタール大会の1次リーグE組、日本VSドイツが11月23日に行われ、日本が2対1で逆転勝利。W杯で4回優勝経験を持つ強豪相手に大金星を挙げた。

 ドイツ、スペイン、コスタリカといった強豪国ひしめくE組に入った日本。10月6日に発表された最新のFIFAランクによれば、スペイン7位、ドイツ11位、日本24位、コスタリカ31位。ドイツの4回のほか、スペインも優勝経験が一度あり、日本にとってE組は「死のグループ」のはずだった。

 W杯直前、カナダとの国際親善試合に1対2で敗れ、森保一監督の解任論が相次いでいた矢先の快挙。ボール支配率はドイツの69%に対して日本は31%と苦しい展開ながら、後半、交代でピッチに入った堂安律、浅野拓磨が同点、逆転のゴールを決めた。

「その途端に『森保監督、神采配!』などと、手の平を返した声が出てきましたね」

 と話すサッカー担当記者は、10年開催の南アフリカW杯を彷彿させるようだとして、次のようにも語るのだ。

広告の後にも続きます

「あの大会では岡田武史監督も、前評判は悪かった。本選前の試合で4連敗し、W杯で結果を残すのは難しいと、ブーイングが浴びせられたのです。ところが結果は2勝1敗で、グループリーグを突破。『岡ちゃん、ごめんね』という流行語が生まれました」

 後々、森保監督に謝罪の嵐が舞い込むよう、グループリーグ突破に向け、残り2戦も歴史に残る名勝負を期待したい。

(所ひで/ユーチューブライター)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル