top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

阪神・岡田彰布監督がブチ上げた「アレ流」スタメン固定法の超異例

アサ芸プラス

 阪神の岡田彰布監督が、来年2月の春季キャンプ中盤以降、先発メンバーを固定すると「異例の明言」をブチかました。

 高知県安芸市での秋季キャンプを打ち上げた岡田監督は、1軍に置く人員を「絞らないといけない。いつまでも競争で、誰が守るか決まらないようではアカン」と方針を語った。矢野燿大前監督はキャンプはおろか、シーズン中も複数ポジションを守らせる方針だったが、180度転換したと言える。球団OBは、

「解説者時代から、矢野前監督のやり方にはメディアに対して、あるいは雑談でもずっと『あれはアカンで』と厳しい評価だった。なので『全部変えるよ』というのが本音でしょうね。ただ問題は、そういったレベルに達する選手が何人いるのか。近本、中野、大山、梅野あたりは当確ランプが灯るでしょうけど、現状では佐藤輝だって危ない。一度スタメンから外されたら、再復帰は矢野監督時代よりも厳しくなるのは、目に見えて分かる」

 もっとも、この異例の方針について、他球団の編成担当者からは、

「トレード要員が明確になって、こちらとしては商談を持ちかけやすくなる。そこはありがたい」

広告の後にも続きます

 と歓迎の声も出ている。「アレ=優勝」に向けて、通常は3月の開幕戦に合わせてスタメンを固定する。さて、新指揮官の「アレ流」は、どんな結果を生み出すのだろうか。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル