top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「今のチームは過去一、一体感がある」。長友佑都が明かした、奇跡の逆転劇を生んだ要因とチームに力を与えた合言葉

web Sportiva

 試合終了の笛が鳴った時、日本のベンチから真っ先に飛び出してきたのは、長友佑都だった。

「いや~、歴史的勝利でね。興奮しきっちゃって(笑)。頭に血が上りすぎて、マジでクラクラして倒れそうだった。そのくらい格別で、そのくらいうれしい勝利だった」

 長友は満面の笑みを浮かべて、そう語った。

 日本は、W杯初戦の強豪ドイツ戦で2-1と逆転勝利を収めた。長友の言う「歴史的勝利」”ジャイアントキリング”を成し遂げたわけだが、試合の前半だけ見れば、まさかこんな劇的なドラマが待っているとは想像もつかなかった。


初戦のドイツ戦で逆転勝利を飾った日本

 前半、日本はドイツにボールを握られ、自陣に押し込まれる展開が続いた。

広告の後にも続きます

「本当は最初から、もっと前からプレスに行きたかったんですけど、相手のポゼッションのうまさと、戦術的なギャップ作りがうまくて、なかなかハマり切れなくて……。前に行きたいけど、行かせてもらえなかった感が強かったですね」

 長友がドイツのうまさと怖さを感じたのは、トップ下にいるはずのトーマス・ミュラーが日本の左サイドに流れ、そこで起点を作って攻撃を形成していたことだった。

「僕の前には(セルジュ・)ニャブリがいたんですけど、そこにミュラーが流れてくるんですよ。そこで1対1、マンツーマンで向き合うことができない状況を作られてしまった。

 ミュラーは、その動きとポジショニングのうまさから、『さすが世界のトップ選手だな』と思いましたし、(ジャマル・)ムシアラの世界レベルの個人技による突破も含めて、そこを対応するのは相当難しいと思いました」

 劣勢が続き、ドイツに72%もボールを保持されるなか、前半33分、権田修一がPKを与えて、ドイツに先制された。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル