top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

今年のジャパンCは外国招待馬が不気味。凱旋門賞馬アルピニスタ回避も、地力ある面々がズラリ

web Sportiva

 11月27日に行なわれるGIジャパンC(東京・芝2400m)。今年は当初、7頭の外国招待馬が参戦予定だったが、残念ながら凱旋門賞馬のアルピニスタをはじめ、最終的には3頭の馬が回避してしまった。

 それでも、4頭の実力馬が来日。久しぶりにジャパンCらしい、国際色豊かなレースになりそうだ。

 ジャパンCは近年、有力な外国招待馬の参戦が激減。2019年には外国招待馬の参戦はなく、日本馬だけで争われた。

 そうした状況にあって、レースでは日本馬が上位を独占。外国招待馬の勝利となると、17年前(2005年)のアルカセットまで遡らなければならない。馬券圏内(3着以内)にしても、16年前の2006年にウィジャボードが3着入線を果たしたのが最後だ。

 おかげで、今や馬券的には「外国招待馬は不要」と見る向きが強い。だが今年は、そういった考えを改めたほうがいいかもしれない。

広告の後にも続きます

 というのも、多大な注目を集めたアルピニスタの影に隠れてしまったが、今回来日する外国招待馬は粒ぞろいのメンバーがそろっているからだ。昨年の覇者コントレイルや、一昨年の勝ち馬アーモンドアイなど、日本馬に絶対的な存在がいないことも考えると、久々に外国招待馬が勝ち負けを演じる可能性は大いにある。来日した面々は、それだけの力を秘めているのだ。

 なかでも筆頭格となるのは、ドイツから参戦のテュネス(牡3歳)。2つ上の兄が昨年の凱旋門賞馬で、今年の凱旋門賞でも3着に入ったトルカータータッソという良血馬だ。


現在5連勝中のテュネス。前走のGIバイエルン大賞では後続に10馬身差をつける圧勝劇を演じた

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル