top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

スペインの名指導者が日本代表の勝利の要因を解説。「鎌田大地と遠藤航の関係性が流れを変えた

web Sportiva

「ふたつの顔を持った試合だった」

 スペインの慧眼、ミケル・エチャリはそう言って、カタールW杯で日本がドイツを2-1の逆転で下した試合を振り返っている。

 エチャリは久保建英が所属するレアル・ソシエダで約20年も強化部長などを歴任。日本代表の分析は2009年から続けている。

「前半の出来では、大敗を喫していても不思議ではなかった。サイドの守備バランスは悪く、中盤も背後を取られていた。PKによる1失点だけだったのは、僥倖だった。後半になって選手を入れ替えてフォーメーションを変えるなか、残り20分で鎌田大地、遠藤航などの役割が明確になっていった。何より、リードされても選手が少しも諦めることなく、粘り強く戦い続けたことで流れをものにした」

 エチャリは、「ふたつの顔」が変化する推移にこそ、試合のカギがあったことを指摘している。

広告の後にも続きます


ドイツ戦の堂安律の同点弾はは「再現性のあるゴール」だった

「前半、日本は本来の持ち味である『技術とスピードをコンビネーションで融合させたプレー』をほとんど出せていない。『いい守備がいい攻撃を作る』のは定石だが、あまりにも受け身に回ってしまっていて、先発の選手のチョイスに問題があるようにさえ見えた。

 ドイツはサイドバックが非常に高い位置をとる戦術で、サイドで数的優位を作ってきた。そして常に日本の先手を取っていた。サイドが優勢を得てから、中央、逆サイドと翻弄した。

 日本はビルドアップに問題を抱えており、満足にボールを持ち出せていない。序盤はカウンターを放ち、前田大然がゴールしたかに見えたが、オフサイドで取り消されている。流れそのものはすばらしかったが、前田が完全に抜け出すタイミングをミスしていた。

 前半33分の失点は必然だった。PKとなった直接のプレー自体はGK権田修一のミスだったが、その前にサイドチェンジから守備を完全に裏返されていた。この場面だけでなく、もっと失点を浴びてもおかしくなかった」

 エチャリはそう指摘して、日本の前半の戦いぶりについて冷静に書き留めている。

続きを見る

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル