top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

問題起こした娘を迎えに行った父が校長に頭突きし逮捕 倒れたところで殴る蹴るの暴力も

リアルライブ

 子どもが学校で問題を起こすと親が学校側と対応を考える必要があるが、とある国では子どもをしつけなければならないはずの親が無責任な行動に出た。

 イギリスのウェスト・ミッドランズで28歳の男が、学校で問題行動を起こした娘を迎えに来るも、対応していた校長に頭突きをするなどして逮捕されたと海外ニュースサイト『Manchester Evening News』と『Mirror』、『The Sentinel』が11月18日までに報じた。娘の年齢は明かされていないが、娘は11〜16歳の生徒が在籍する学校に通っていた。

 ​>>女子高生になりすまし、女子高生に話しかけた55歳男が逮捕 過去が原因で厳しい刑罰に<<​​​
 
 報道によると5月9日、男は「あなたの娘が教師をののしるなどの悪態をついている。少なくとも今日は学校には置いておけない。迎えに来てほしい」という連絡を校長から受けた。男と娘の母親は10分足らずで学校に向かった。男と娘の母親は夫婦、もしくはパートナーの関係である。

 男と娘の母親が学校に到着すると、娘は校長と一緒に校門の前で待っていた。男は校長を見つけると近付き、何の前触れもなく校長を頭突き。校長が地面に倒れると、男は校長に対し、何度も殴る蹴るなどの暴行を加えた。男は暴行しながら「公園に来い、お前を始末してやる」と発言。娘の母親が男を引きずり、なんとか暴行をやめさせた。校長は右ほほを打撲し、現在も肩に痛みが残っている状態だという。なお、男の暴行は娘や生徒の目の前で起こった。男は暴行の罪などで逮捕された。

 11月に男の裁判が行われ、男には4カ月の刑務所行きが言い渡された。男側の弁護士は裁判で男がテンションが高い躁状態と憂うつで、無気力なうつ状態を繰り返す心の病気「双極性障害」と診断されたと指摘。また校長から迎えに来るようにと連絡を受けた際、娘が電話越しに泣き叫んでいたため混乱したとして、男に情状酌量の余地があると主張した。

 一方で、娘が電話越しに泣き叫んでいたことが事実だという情報はなく、検察側は裁判で娘が常日頃から問題児と呼ばれていたことなどを主張している。両者の主張を受け、裁判官は公務員が被害者となった場合、4カ月の刑務所行きが適切な刑期であると述べ判決を下した。現在までに男の供述などは公になっていない。

 このニュースが世界に広がるとネット上では「学校に呼ばれたことに腹を立てたのか。いずれにせよ暴力は親として恥ずかしい」「子どもが問題児と呼ばれるのは、親である男に理由があると思った」「暴力はよくないけど、娘が生徒や校長にひどいことをされたから怒った可能性もある」「男は娘が泣いていたと主張しているし、娘を守るつもりで熱くなってしまったのかも」「他の生徒が現場を目撃したことが心配。トラウマになりそう」「刑期が4カ月は短い気がする」といった声が上がっていた。

 男にはきちんと反省してもらい、刑務所から出た後は子どものお手本となるような行動をしてもらいたいものだ。

記事内の引用について
「Headteacher headbutted by angry dad who was called to school to collect daughter」(Manchester Evening News)より
https://www.manchestereveningnews.co.uk/news/uk-news/headteacher-headbutted-angry-dad-who-25132853
「Angry dad jailed after headbutting headteacher over his 'problem' child」(Mirror)より
https://www.mirror.co.uk/news/uk-news/angry-dad-jailed-after-headbutting-28523413
「Dad jailed after headbutting headteacher over 'problem' child」(The Sentinel)より
https://www.stokesentinel.co.uk/news/stoke-on-trent-news/dad-jailed-after-headbutting-headteacher-7835347

TOPICS

ランキング

ジャンル