top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

逆転勝利で「日本ショック」!…「死の組」はもはや「死語」! 大興奮のカタールW杯、日本はどう見られている?…海外報道を追ってみた(井津川倫子)

J-CAST会社ウォッチ

サッカーのワールドカップ(W杯)がカタールで開幕し、グループリーグの試合が始まりました。

初戦のドイツ戦で劇的な勝利を収めたグループEの日本は、決勝トーナメント進出を目指して、残り2国(コスタリカ、スペイン)と闘います。

大会前、スペイン、ドイツという歴代の優勝国が混在するグループEは、一部で「死の組」と報じられていますが、果たして今大会の「Group of Death」(死の組)はどこなのか? 日本の注目選手は? 気になる海外メディアのリアル報道を追ってみました。

もはや「死の組」は死語! 「かませ犬」日本が「勝者」破った!

いよいよサッカーW杯が始まりました。4年に1度の祭典とあって、各国メディアは大賑わい。にわかサッカーファンが世界中にあふれるほど、ふだんはサッカーに関心がない人もついつい引き込まれてしまいます。

W杯で必ず盛り上がるのが「死の組」の事前予想。英語でもズバリ「Group of Death」(死の組)ですが、毎回、グループリーグの抽選結果が発表されるやいなや、強豪チームが同居してしのぎを削りあう、「Group of Death」の存在が話題になります。

広告の後にも続きます

各グループ4カ国のうち決勝リーグに進出できるのは半分の2カ国のみ。強豪チームが同じグループに集中して、お互いを殺しあう「Group of Death」というワードは、1970年のメキシコW杯で初めて登場したそうです。

当時、イングランド、ブラジル、チェコスロバキアの優勝経験国が一つのグループに集中して、激戦を繰り広げた様子を「Group of Death」とメディアが報じたことが発端とか。結局、「Group of Death」を勝ち抜いたブラジルが優勝したことからも、実力派ぞろいのグループだったことがよくわかります。

ところが、近年、この「Group of Death」に異変が生じている、と複数の海外メディアが伝えています。なぜなら、参加国が増えてグループ数も増加した現在、強豪国が分散化する傾向が加速しているというのです。

Looking for this World Cup’s ‘Group of Death’? It doesn’t exist anymore.
(W杯の「死の組」はどこか?もはや「死の組」は存在しない:サッカー専門メディア)

What’s the 2022 World Cup’s Group of Death? It’s tough to pick just one.
(2022年W杯の「死の組」はどこか?一つだけ選ぶのは難しい:米メディア)

もちろん、今回も海外メディアがこぞって「死の組」予想をしています。日本が入ったグループEを「死の組」だとする報道もよく目にしますが、メッシ率いるアルゼンチンや強豪国がひしめくグループCや、優勝候補筆頭のブラジルが所属するグループGを推す声も多く、「一つに決められない」というのが本音の様子。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル