top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

YouTuberポケカメン、再びチャンネルBANの危機? 著作権侵害で動画が削除される

yutura

11月23日、「ポケカメン」(登録者数43万人)が「このチャンネルが消えます。まじでありえない。」と題した動画を公開しました。

ポケカメン、チャンネルBANの危機?

YouTube上の炎上騒動などを扱う“晒し系配信者”のポケカメンは「また僕のチャンネルが危機的状況になりまして」と話し始めます。現在、チャンネルが「消えるかもしれないっていう状態」だといいます。

きっかけとなったのは、11月22日に受けたある動画に対しての著作権侵害申し立て。この動画でポケカメンは、2.5次元アイドルグループ事務所「株式会社VOISING」(登録者数3000人)に所属する「すたぽら」(同14万人)を取り扱っていたそうです。申し立て者の名前から、通報したのは一般ユーザーと考えられるそうですが、ポケカメンは「虚偽の通報」と疑っているもよう。「またかよ、っていう感じ」とため息をつきました。ユーチュラ調べでは、対象となった動画は2021年4月に公開された「【歌い手】久しぶりに…やばい新人歌い手グループを紹介します…」だと思われます。

ポケカメンのサブチャンネルも「虚偽の通報」で動画が削除されたらしく、BANを避けるため、サブチャンネルの動画を1本を除きすべて非公開に変更。メインチャンネルはこのまま通報され続けた場合BANされる可能性があるとのことで、ポケカメンはサブチャンネルへの登録を呼びかけ、動画を締めくくりました。

広告の後にも続きます

ちなみに、ポケカメンは昨年9月にもYouTubeチャンネルが「近々マジで消えるかもしれない」と報告していました。一時はBANが決定したとも報告していましたが、このときはBANを回避しています。

歌い手グループ「いれいす」のリーダーのトラブルを取り扱っていた

「すたぽら」が所属する株式会社VOISINGには、他に「いれいす」(同43万人)、「シクフォニ」(同6万人)という歌い手グループも所属しています。同社の代表、そして「いれいす」のリーダーを務めるのが「ないこ」(同10万人)です。

11月に入ってから、ポケカメンは「シクフォニ」の動画編集プロデューサーと「ないこ」らとのトラブルを取り上げたほか、「ないこ」と「ゆきむら。」(同32万人)・「鬱くん」(同42万人)らのトラブルも暴露しています。

(関連記事「歌い手グループ「いれいす」のないこ 編集者とのトラブルに、ゆきむら・鬱くんの勧誘での二枚舌が暴露される」)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル