top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ケンドーコバヤシ主演のドラマ「桃色探訪」新作2本が放送。ヒロイン役に戸田真琴と天使もえ

TOKYO HEADLINE

 お笑い芸人のケンドーコバヤシが11月24日、ドラマ「桃色探訪~伝説の風俗~」(映画・チャンネルNECO)の新作放送を記念して行われたイベント「ケンドーコバヤシの一期一エッチな夜」を東京・新宿のロフトプラスワンで開催した。

 同ドラマはケンコバ演じるうだつの上がらないサラリーマン梶山恒夫が己の勘と経験を頼りに「今月はこの一発にかける!」と極上の風俗を追い求める物語。風俗版「孤独のグルメ」ともいえるドラマで、2020年年2月に第1作が放送され今回は7、8作目。今年に入って5作目と急ピッチで回数を重ねる人気シリーズとなっており、いまやケンコバの代表作といっても過言ではない作品となっている。

 第7弾の「上野編」は大正ロマンの風情が漂う物語。ヒロイン役を務めた戸田真琴は「大正ロマンの雰囲気とかを感じさせながら、大正デモクラシーとか時代的な要素も含まれていて、案外シリアスな話になっているんですが、シリアスな中にシュールな笑いがあったり、エロの中にも男女平等とか、どうやって男女が関わって、いい関係性を築いていこうかなみたいな、ちょっと考えさせられるようなシーンがあったりします。でもエロがちゃんとあったりと、かなり盛りだくさんな内容になっています。見た人が泣くのか笑うのか、シュールだなと思って見るのか、興奮するのか。それぞれの感想があると思うので、素直な気持ちでゆったり見てくれたらうれしいです」と紹介。放送は11月26日23時から。

ケンコバ「今回の2作は“女優さんって綺麗なんだな”っていうことがよく分かる作品」

 第8弾の「五反田編」はナンセンスな笑いの要素が強めのシュールな物語。ヒロイン役を務めた天使もえは「間違いなく、普段の私の作品では見られない天使が見られると思います。普段の作品では“本当はこういうことやりたいのにな”と思いながらもなかなか作品ではできないことを今回はできたので、それがものすごくうれしくて。なので、私の性癖も含めて“垣間見たな”と見た後にニヤリとしていただければすごくうれしいです。そして除夜の鐘からの桃色探訪からの私の作品で1年を始めてくれたらうれしいので、よろしくお願いします」と作品をPR。同作は12月31日24時から放送される。

 ケンコバは今回の2作について「脚本がいつも素晴らしい。そしてそれに負けない画を取っている。今回の2作は“女優さんって綺麗なんだな”っていうことがよく分かる作品になっていると思います。女優さんって“綺麗で当たり前”みたいな感じであまり語られないじゃないですか。でも“女優さんって綺麗なんやな”ってよく分かってもらえる2作になっているんで、女優さんの綺麗さを確認してください」と語った。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル