top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

旅×本。品川でかつての宿場町の賑わいを取り戻す「KAIDO books & coffee」【しあわせの読書空間 vol.2】

BOOKウォッチ

(店名)KAIDO books & coffee(KADOKAWA)

 本好きがゆっくり過ごせるスポットを紹介する連載「しあわせの読書空間」。第2回は、京急線新馬場駅から5分強のブックカフェ「KAIDO books & coffee」を訪れた。

 お店のある北品川商店街は、かの有名な「東海道五十三次」で、日本橋から数えて最初の宿場町「品川宿」のあった地域。品川という地名からイメージするビジネス街とは打って変わって、どこか下町風情が残る。学生服の専門店や、チェーン店にはない雰囲気のある純喫茶などを眺めながら歩いていると、路面にKAIDO books & coffeeが現れた。

北品川商店街で存在感を放つ「KAIDO books & coffee」

 ぱっと目を引く、鮮やかな赤いのれん。そこには、さまざまな格好・年代の人々や、さらには動物たちまでが店内で思い思いに過ごしている様子が描かれている。見ているだけで心がぽかぽか温かくなるようだ。こののれんは季節ごとに入れ替わるようで、店の公式インスタグラムでは「毎年恒例の冬支度です」と紹介されている。

店主の佐藤亮太さん。かつては浅草で人力車の車夫を経験

 きびきびと動き回る店主の佐藤亮太さんが、笑顔で出迎えてくれた。佐藤さん自身もここ品川区で生まれ育ったという。

ウッディな調度に温かみのある照明がマッチ
旅や土地にまつわる本はもちろん、多彩なラインナップの本棚が壁一面に

 内装は本棚やテーブルなど木製の家具で統一され、温かみのある店の雰囲気にマッチしている。どこか懐かしい気持ちになるのはなぜだろう……と店内を見渡して、ふと目に留まったのは客席のイスだ。

この感じ、どこかで……?

 シンプルなこのイス、どこかで見た覚えはないだろうか。そう、小中学校でよく使われているものだ。

 これは、佐藤さんの母校である品川区内の中学・高校から譲り受けたそう。ブックカフェの主役ともいえる本棚や、さらにテーブルは、品川という土地とゆかりのある地域の間伐材を使って作られたものだ。

「なるべく木を使って落ち着く空間にしたいと思っていました。たとえば、山梨県早川町や長野県飯田市などの間伐材を使った、オリジナルの調度を置いています。早川町はもともと品川の交流都市だったり、飯田市は品川とリニア(新幹線)でつながる場所だったり。そんなふうに、土地と情報をつないでいくような、ストーリーが感じられる場所にしたくて」
人力車車夫、広告代理店を経て自治体のプロモーション事業に携わっていた異色の経歴をもつ佐藤さん

広告の後にも続きます

 もともとは自治体のプロモーションに携わっていた佐藤さん。なぜブックカフェを始めることにしたのだろう。

「歴史や地理関係の古書専門店『街道文庫』を経営していた田中義巳(たなか・よしみ)さんという人が、お店を閉めることになったのがきっかけでした。保管されていた書物には、なかなか手に入らないような貴重な資料も多かったので、ただ自宅に保管しておくのはもったいないなと思って。どうせならもっと多くの人に手に取ってもらえる形にして、一緒にやりましょうと声をかけました」

 現在、KAIDO books & coffee の蔵書は約4万冊。「街道文庫」で扱っていた本の他、自治体や出版社から寄付された本も多数あるという。並べられている書籍のうち、値札がついているものは購入ができる。

約4万冊の蔵書に囲まれた落ち着く空間 やっぱり品川エリアに関する書籍は豊富

 なかには、自費出版された本も。土地などについて書かれた、ある種マニアックな分野の本を「ここで販売できないか」と紹介されることがままあり、「おもしろそう」「売れそう」と判断したものは店頭に並べる。

「並べてすぐに売れるというわけではないので、長い目で見て、長期スパンで売れていくような本を選ぶようにしています」

 通常、書店や出版社では、発売して1週間、1か月後など売れ行きの「初速」が重視されると聞く。そうではなく長い目で見て手に取ってもらえそうな本がセレクトされるここなら、他の書店にはないような本にも出会えそうだ。

あえて「色をつけない」店づくり

  KAIDO books & coffee のコンセプトは、「全国のディープな旅」。本棚にも、土地などに関連する本が地域別に分類されている。佐藤さんによると、一般的な書店にはまず並ばないような非常にマニアックな書物も揃っていて、学者や作家などの職業の人が訪れることもあるという。

普段読まないようなジャンルを手に取りたくなるのは「ブックカフェあるある」?

 立ち寄ったお客さんが本棚に自分の地元について書かれた本があるのを見つけ、つい手に取ってしまうこともあるのだとか。

「普通の本屋で(地元の本を)見つけてもわざわざ読まないけれど、ここにあると読みたくなるということもあるみたいです」
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(読書)

ジャンル