top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

本田圭佑は「指摘が的確」W杯解説で絶賛される中…中村俊輔にはブーイング殺到したワケ

週刊実話WEB

本田圭佑 (C)週刊実話Web

日本代表がドイツを相手に大番狂わせを演じ、かつてない盛り上がりを見せるサッカーW杯。日本がお祭り騒ぎでドイツがお通夜状態なのと同様、元日本代表の解説陣にも明暗くっきりの2人がいる。

本田圭佑と中村俊輔だ。

【関連】W杯“森保の愛人枠”柴崎岳の人格まで変えた元ハロプロ妻のアドバイス ほか

ABEMAでドイツ戦を解説した本田は、話した内容が次々と試合で現実のものとなり、ネット上では《本田さんすげー!》《指摘が的確すぎてビックリした》などと、大反響を呼んだ。

たとえば、1点をドイツに奪われ、ビハインドの状態になると、本田は「僕やったら…(守備を)5枚気味にする」と守備システムの変更を提案。さらに、三笘薫を前線で相手DFズーレと勝負させ、堂安律を入れて三笘を生かすべきと話すと、その後、森保一監督が実際に堂安と三苫を投入したのだ。

この〝名監督ぶり〟に、ツイッターでは「本田の解説」がトレンド入り。「本田さんカッケー」をもじった「本田△(さんかっけい)」も飛び交っていた。

広告の後にも続きます

前半29分すぎには、ABEMAの実況者が「ボールをキープする本田」と言い間違いし、すぐに「失礼、久保です」と訂正したが、本田はすぐさま「いや、僕出たほうが良いですか? 試合、出ましょか?」とツッコミを入れ、視聴者の笑いを誘うなど、余裕も見せた。

「天龍源一郎のモノマネ?」

一方、今季限りで現役引退し、テレビ解説者としてデビューした中村俊輔は、本田とは対照的に酷評されている。

中村は、23日に行われた「モロッコ-クロアチア戦」に登場。実況アナウンサーからクロアチアの司令塔・モドリッチのすごさを聞かれると、「言うまでもない」とたった一言。また、まるでオタクのようなぼそぼそとしたしゃべり方に、視聴者からはブーイングが殺到。

《ものすごく声小さくて何言ってるのかようわからんわ…。ウンコ我慢してるのか?》

《中村俊輔の実況・解説、引きこもり青年が自作の詩を読んでいるかのような不気味さ》

《もしかして天龍源一郎のモノマネしてる?w》

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル