top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「これってパワハラ?」弁護士が語る、上司が注意するべき言動

幻冬舎ゴールドオンライン

本連載は、早稲田リーガルコモンズ法律事務所が提供する、所属弁護士によるコラムを一部抜粋・再編集したものです。

定義が曖昧なパワーハラスメント

パワーハラスメントの対策を難しくしている原因の一つに、その定義の難しさがある。

実際、企業の社内研修などを行っている際にも、「相談窓口に相談してもパワハラではないと言われた」「部下のミスを指摘したらパワハラだと逆に責められた」など、社内における「パワハラの定義」が曖昧になっているため対応に苦慮している現場の声をよく耳にする。

そこで、私たちはどのような言動に注意しなければいけないのかを整理してみる。

厚生労働省が示す、パワハラに該当する言動

広告の後にも続きます

我が国では、2019年の第198回通常国会において「労働施策の総合的な推進並びに労働者の雇用の安定及び職業生活の充実等に関する法律」(「労働施策総合推進法」)が改正され、2020年6月1日の法施行以降、大企業においては職場におけるパワーハラスメント防止対策が事業主の義務となった。

そのため、公的な資料や社内研修では、この法律上の定義に沿って説明するのが一般的である。

我が国の法律上、パワーハラスメントは「①職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であつて、②業務上必要かつ相当な範囲を超えたものにより、③その雇用する労働者の就業環境が害されること」と定義されている(労働施策総合推進法第30条の2第1項)。

厚生労働省は、令和2年厚生労働省告示第5号で具体的にパワーハラスメントにあたると考えられる例、または当たらないと考えられる例を次のとおり示している。

[図表1]令和2年厚生労働省告示第5号のパワーハラスメント具体例 引用:厚生労働省パンフレット「職場におけるパワーハラスメント対策が事業主の義務になりました!」

これらはいずれも、基本的には過去の裁判例で違法と判断された言動をもとに作成されている。

「精神的な攻撃」「能力否定・罵倒」の境界を示す判例

日本では、具体的な言動が違法であるかどうかを最終的に判断するのは、裁判所の役割とされている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル