top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「荒野の用心棒」テーマ曲の誕生秘話 「モリコーネ 映画が恋した音楽家」本編映像

映画スクエア

 2023年1月13日より劇場公開される、「ニュー・シネマ・パラダイス」をはじめとする多くの映画音楽を手がけたエンニオ・モリコーネに迫る、ドキュメンタリー映画「モリコーネ 映画が恋した音楽家」から、モリコーネが世界的にその名を広めるきっかけとなった、セルジオ・レオーネ監督「荒野の用心棒」のテーマ曲の誕生秘話や当時の思いを、主演を務めたクリント・イーストウッドやモリコーネ本人らが語る本編映像が公開された。

 本作の大ヒットによって、マカロニウエスタンのジャンルを確立した「荒野の用心棒」。音楽の発端は、レオーネ監督がモリコーネに黒澤明監督「用心棒」の映像を見せ、「この雰囲気だ」と語ったことだったという。モリコーネは、米国の歌手のために制作していたウエスタンの曲を編曲した上で、すべてを書き直した。その結果、それまでの映画音楽ではほぼ使われることの少なかった口笛やチャルメラ、金床、鐘の音などを効果的に楽曲として採用。テーマ曲“さすらいの口笛“に象徴されるような、シンプルながらも記憶に残るメロディが生み出された過程を明かしている。

 2020年7月に91歳でこの世を去ったエンニオ・モリコーネは、生涯で500以上の映画やテレビ作品の音楽を手がけた。本作では、エンニオが作曲を担当したした45作品におよぶ作品の名場面や、クエンティン・タランティーノやクリント・イーストウッドなど70人以上の監督やプロデューサー、音楽家たちのインタビューによって、偉業の裏にある秘密を解き明かす。同時に、エンニオのプライベートライフについてもコメントが寄せられている。監督を務めるのは、「ニュー・シネマ・パラダイス」をはじめとするほぼすべての作品で、エンニオが音楽を担当したジュゼッペ・トルナトーレ。

【作品情報】
モリコーネ 映画が恋した音楽家
2023年1月TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー
©2021 Piano b produzioni, gaga, potemkino, terras

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル