top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

寺島しのぶ「続編を狙っているんじゃないですかね?」作り上げたキャラクターや今後の見どころなどを明かす<ザ・トラベルナース>

WEBザテレビジョン

寺島しのぶ「続編を狙っているんじゃないですかね?」作り上げたキャラクターや今後の見どころなどを明かす<ザ・トラベルナース>

岡田将生が主演を務める「ザ・トラベルナース」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の第6話が11月24日(木)に放送される。

■「ザ・トラベルナース」とはどんなストーリー?

同ドラマは、手術場で医師を補助し、一定の医療行為を実施できる看護資格「NP(=ナース・プラクティショナー)」を持つ、一見感じが悪いけどアメリカ仕込みの優秀なナース・那須田歩(岡田)と、

柔らかすぎるほどの物腰なのに、ここぞという場面では痛烈な一言で理不尽な体制や思想を一刀両断する謎多きスーパーナース・九鬼静(中井貴一)が、患者ファーストで医療現場を改革していく痛快医療ドラマ。脚本は大ヒットシリーズ「ドクターX~外科医・大門未知子~」(テレビ朝日系)の生みの親である中園ミホ氏が担当。

第6話の放送に先駆け、同ドラマで「天乃総合メディカルセンター」の看護部長・愛川塔子を演じる寺島しのぶからのコメントが届いた。寺島は演じるキャラクターや撮影現場の雰囲気などを明かした。

■寺島しのぶが愛川塔子について語る

――演じるキャラクター・愛川塔子について教えてください。

「塔子は“看護部長”という役職です」という話を聞いていたので、台本を読む前は、きっと性格はしっかりしていて、仕事もバリバリとこなして、他の看護師にもテキパキと指示を出すような強い女性なんだろうなと思っていました。

私自身が強い女性を演じることが多いので、塔子を演じる私も含め、ドラマを見る側の方も「強い看護部長なんだろうな~」とイメージされていたと思います。

でも、台本を読み進めていくと、「強い」というイメージはなくなりました。仕事に対して責任感があるのはもちろんですが、意外と乙女な部分があったり、しっかりしていない部分があったりする。私が最初に想像していた“強い看護部長”というイメージよりも親しみやすさのある少し気弱な看護部長です。

――「意外」とおっしゃいましたが、どういった部分でそれを感じられたのでしょうか?

「ここです!」という決定的なシーンは思い浮かばないのですが、全般的にそう感じました。エグゼクティブプロデューサーの内山(聖子)さんが、関わっている仕事は、大体私の役を少しおっちょこちょいに描いてくださることが多いので、塔子のキャラクター設定にもすんなりと入り込めました。

――情報解禁の際に、内山さんから「声を掛けていただいた」とあったのですが、出演までにはどういったやりとりがあったのでしょう?

出演までのやりとりは全てマネジャーさんがやってくださいました。なので、私は、役作りと言いますか、出演する準備だけに専念させていただきました。

――台本を読んだ感想を聞かせてください。

スピード感があってとっても面白いお話だと思いました。展開も分かりやすいですし、毎回あくの強いゲストの方々が登場しますし、こんな人たちばかりが存在していたら病院は本当に大変だろうなと思いました。

でも、私が知らないだけで、「ザ・トラベルナース」で描かれているお話のような出来事は、なくはないんだろうなとも考えています。看護師の仕事は本当に大変な仕事ということが分かるお話だと思っています。

私、全編を通して謝っているんですよね。実際にお会いした看護部長の方が作品の監修として、現場に来てくださっているのですが、その方も実際に塔子のように謝っているとおっしゃっていました。

何百人も看護師を抱えてますし、患者さんと看護師の間、看護師と医師の間に何かあれば看護部長の責任です。何かあるたびに謝罪をしたりしているので、目まぐるしい毎日に頭が爆発しそうになるとも言っていました。

――看護師の方から聞いたお話の中で、驚いたことがあれば教えてください。

私がお話を聞いた方は、一人で大勢の看護師さんのシフトを作っているそうです。突然、当日の夜勤に出られなくなったという人がいれば、瞬時にスケジュールを組み直し、対応しなければならないそうです。表の通常業務以外にもたくさんの仕事があり、お話を伺っていると本当に頭が下がる思いです。

なので、塔子という人物が、台本に書かれていない裏の部分で、どんなことを考え、どんな仕事をこなしているのかを考えながら演じていました。

作中では描かれていませんが、一つのせりふをとっても、「前日は夜勤だったからこの人はこういうことを言うのかな」とか、あるシーンに関しては、「こういう問題でこういう患者さんがいるからこうなっているのかな」などと考えました。

見えていない部分や描かれていない部分を自分で考えて、埋めていかないとキャラクターの厚みや言葉にも重みが出ないので、この作品ではひたすら考えたように思います。


■寺島が役作りで大切にしていることは?

――監督からキャラクターに関しての指示はありましたか?

私は特に何か指示をされたことはないです。撮影をしていくうちに何となくこういう感じかなという人物像が出来上がっていったので、お芝居の中で、ちょっとずつちょっとずついろいろなことを試しながら、塔子というキャラクターを作り上げていきました。

――役作りで大切にしていることは何かありますか?

今回に限ったことではないのですが、特別な役作りはしていないかもしれません。いただいた台本をきちんと読み、この作品で、中園(ミホ)先生が描きたいことや監督たちが表現したいことをくみ取って、私はお芝居をするだけです!

――共演者と話をする中で、印象的なエピソードがあれば教えてください。

皆さんキャラクターが濃いですし、お話をすることが大好きな方が多かったので、話が尽きませんでした。なので、今ここで何か一つエピソードを挙げるというのはちょっと難しいです。レギュラー陣もですが、ゲストの方も面白いので、毎回の撮影を楽しんでいました。

――寺島さんのブログを拝見させていただいたのですが、現場の仲のよさがとても伝わってきました。

ありがとうございます。ブログでも現場での様子をいくつか投稿させていただいたのですが、和気あいあいと楽しく過ごさせていただいております。

――岡田さんと中井さんとは久しぶりの共演かと思いますが、何か変化などはありましたか?

「久しぶり!」って感じでした。お2人とも共演させていただいた時と変わらなかったので、変化という変化は見当たらなかったです。

――寺島さんが演じられる塔子にとっては、歩と静はどういう存在だと感じていらっしゃるでしょうか?

塔子にとって九鬼(静)さんは、自分のこれまでの看護師人生に対し、いろいろ考えて悩むきっかけになる人物だと思っています。

九鬼さんに出会い、九鬼さんの考えや仕事する姿勢を見て、塔子は「私が今までやってきたことはこれでよかったのかな」「間違ってたんじゃないか」ともんもんと悩むことになります。それが塔子にどういう作用が働くことになるかは今後を見ていただけたら明らかになっていくと思います。

歩ちゃんに対しては、若いのに知識も豊富ですごいなという思いもありつつ、態度が大きいのでちょっと困った子が入ったなと思います。

でも、なんとなく歩ちゃんや九鬼さんが病院に来てくれたことで、人手不足でうまく回らなかったいろいろなことが回り出した感じがします。ハイスペックすぎる二人の行動に驚いたり、困惑したりもしていると思うのですが、その一方で、塔子はきっと楽しんでいるんじゃないかなとも思っています。

――塔子自身も多くの悩みを抱えているかと思うのですが、そういう悩みが吹っ切れるようなシーンは今後あるのでしょうか?

もちろんあります! 第6話であることをきっかけに塔子の悩みといいますか、これまでためてきた事が吹っ切れるようなシーンがあります。塔子を応援してくださっている方にとっても、塔子のような立場にいる方にとっても、すごくすっきりするシーンになっていると思うので、楽しみにしていただければと思います!


■自分らしさを出せるようになったきっかけを明かす

――自分らしさを出せるというのが、寺島さんの美しさを際立たせる要因の一つかと思うのですが、自分らしさを出せるようになったきっかけはありますか?

きっかけと言われると難しいのですが、他人と自分を比較することもありませんし、美しさに対する意識が何か変わったかと言われればそうでもないので、多分年齢のおかげだと思います。

いろいろな経験をさせていただいていますし、好奇心は旺盛な方ですし、子育てもそういった何かの糧にはなっているはずです。やりたいことはやっていこうとか、会いたい人には会っていこうとか、年を重ねるごとに思うようになりました。

――今、「子育て」とおっしゃっていましたが、10年間を振り返ってみていかがでしょうか?

親として子育てについては、未熟すぎて、もう反省しかないです。子育てには正解も不正解もないのかもしれませんが、いつも「あぁ~」という感情が渦巻いています。子離れするまで、一生反省し続けてしまうと思います。

子育て10年ということは、母親としても10年という月日を過ごしたということ。10年やってても分からないことってたくさんあって、子どもとともに日々勉強・修行していると思って日々過ごさせていただいています。

――最後に視聴者の方にメッセージをお願いします。

とにかく岡田くんと中井さんの息がぴったりな掛け合いが絶妙に面白くて見どころです。またその二人を囲むキャストに加え、ゲストの方々も豪華なので、毎回毎回てんこ盛りのストーリーになっています。

全8話なので、おなかいっぱいになる前に終わると思います。続編を狙っているんじゃないですかね? そこは視聴者の皆さんの声次第ではあると思いますが…!

でも、トラベルナースなので、続編では私たちの病院ではなく違う病院が舞台なはずなので、私たちはいないよねと安達(祐実)さんをはじめ、ナースチームとは笑いながら話しています。

私たちが活躍している「ザ・トラベルナース」は今回限りかもしれませんので、最終回まで塔子たちの活躍に期待しつつ、楽しんでご覧いただければうれしいです! 

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル