top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

草なぎ剛「12年に一度の年男!ドラマがいい作品になるように頑張りたい」1月ドラマ「罠の戦争」撮影スタート【連載】草なぎ剛のお気楽大好き!Vol.287

WEBザテレビジョン

草なぎ剛「12年に一度の年男!ドラマがいい作品になるように頑張りたい」1月ドラマ「罠の戦争」撮影スタート【連載】草なぎ剛のお気楽大好き!Vol.287

11月24日発売の「月刊ザテレビジョン1月号」の連載「草なぎ剛のお気楽大好き!Vol.287」では、舞台「burst!-」の公演を終えた感想と、1月期ドラマ「罠の戦争」についての意気込みを語ってもらいました。

■「burst!~危険な2人~」が無事終了!終了後の感想は?

毎日舞台に立っていられるって何て気持ちがいいんだろう。2人芝居「burst! ~危険なふたり~」を無事完走することができました。全30公演だから、10月は毎日この舞台をやっていたようなもの。劇場に足を運んでくださった方も、見には行けなかったけど遠くで応援してくださっていた方も、ありがとうございました。
三谷幸喜さんの脚本の面白さは言うまでもないんだけど、全く僕と違うタイプの役者・香取慎吾と2人だけで7年ぶりに再演の舞台に立つ。そんな毎日が刺激的で。慎吾とは30年近く一緒にいるから、本当に遊んでいる感じで舞台にいた。この世界の右も左も分からない頃、2人でコント的なことを考えて遊んでいたあの当時の空気感そのままだなと思ったりして。そういう僕たちの出会ってから歩んできた気持ちとか、育ってきた思いとか僕の中でぐるぐるとリンクして、とても感慨深かった。

■毎日楽しく2人で戦っていた舞台だった

舞台って毎回同じことを繰り返しているんだけど、毎回違うんです。今日はこんな動きをしてみようとか、こんな笑い方をしてみようとか、計算みたいなことは一切考えてなくて、ただ稽古でしっかり作り上げたものをそのままやっているんだけど、不思議だよね。役に集中してお互いを感じて、いつもと違う間であったとしても暗黙の了解でつなげていくことでどんどんより良く変化していく。慎吾とだからできた舞台。毎日楽しく2人で戦っていた舞台だった。



■「20代30代のときみたいに僕はできるのか(笑)」

舞台中、セリフは頭の中に入っていたけど「burst! -」の台本は常にカバンの中にありました。今はそれを出して、新しい台本が何冊か入っています。来年1/16(月)スタートの連続ドラマ「罠の戦争」(フジテレビ系)です。「銭の戦争」(’15年)、「嘘の戦争」(’17年、共にフジテレビ系)に続くシリーズ第3弾で、僕は大臣秘書役を演じます。

舞台が終わってから台本を読みました。実は明日(取材時)からクランクインです。舞台で毎日汗をかいて、ほぼ規則正しい生活をしていたので、体調はすごくいい。そのいい感じをドラマにつなげたいなと。とはいえ、明日朝8時入りだって。見れば撮影スケジュールはビッシリ。20代30代のときみたいに僕はできるのか(笑)

役柄としては、「銭」「嘘」と比べると、一番普通の柔らかい人なんです。「嘘」の詐欺師みたいにキレがあるような役の方が感情の当てどころがあるので、逆に今回はちょっと難しいかもしれない。だけど三宅喜重監督、後藤法子さんの脚本という、前作と同じチームの作品だから。僕は台本をしっかり読む。そして現場でやりながらつかんでいく。自分のできることを精いっぱい、頭を働かせて、自分がもらった役で自分も、見てる人も含めて、どうやって楽しめるか考えていきたいと思います。
というわけで、’22年もラストスパート。とら年、12年に一度の年男としては、ドラマがいい作品になるように頑張りたい。多分来年放送される第1話はとら年に撮った僕を見てもらうことになるでしょう。「罠の戦争」に年男の最後の勢いを込めたいと思ってますね。あと、12月には東京で有観客のファンミーティングがある。やっとみんなに会えるのが楽しみです。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル