top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

<スター・ウォーズ>「キャシアン・アンドー」最終話がアメリカでトレンド1位に “続編”への期待膨らむラスト

WEBザテレビジョン

<スター・ウォーズ>「キャシアン・アンドー」最終話がアメリカでトレンド1位に “続編”への期待膨らむラスト

「スター・ウォーズ」シリーズのオリジナルドラマ第4弾「キャシアン・アンドー」。同作の主人公は、2016年に公開された「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」の情報将校キャシアン・アンドー(ディエゴ・ルナ/日本語版の声:加瀬康之)。「ローグ・ワン」より5年前を舞台に、帝国軍が銀河を支配する暗黒期の中で誕生する反乱軍の軌跡が描かれる。11月23日に配信された最終話では、かつて女性たちによる反乱グループの会長を務めていた、キャシアンの義母マーヴァ(フィオナ・ショー)の葬儀が大々的に行われることになり、フェリックスに多くのメインキャラクターが集まった。そして12話におよぶシーズン1の最終話ということで、アメリカでは「#Andor」が配信開始後すぐにトレンド1位になるなど、大きな反響があった。(以下、ネタバレを含みます)

■キャシアンの故郷フェリックスに集結した主要人物たち

帝国の支配がそこまで色濃くなかったフェリックス。元々、この惑星に住んでいたキャシアンは小さい頃に生き別れた妹を捜している最中にけんかをふっかけてきた近隣企業の従業員を殺してしまったことをきっかけに、多くの者から追われる身となった。まずは企業保安局の捜査員だったシリル・カーン(カイル・ソーラー)、そして、キャシアンの能力を買ってスカウトしたにもかかわらず、アルダーニでの反乱行為の“生き証人”でもあるキャシアンを消そうとしている反乱分子リーダー格のルーセン(ステラン・スカルスガルド)。さらに、帝国軍の盗品を売っていたことからキャシアンを反乱分子の一味と見なした帝国保安局(ISB)のデドラ(デニース・ゴフ)だ。

マーヴァの死を知った3人は、キャシアンが現れると見てそれぞれ葬儀が行われるフェリックスにやって来ていた。と同時に、訃報を偶然知ったキャシアンも街に戻っていた。葬儀の合図を知らせる鐘が街に鳴り響くと、楽団が一斉にレクイエムを演奏しはじめ、不穏な空気に警備にあたっていたISBはざわつく。そんなことはよそに人々が街の中心部へと歩みを進めると、マーヴァと共に暮らしていた箱型ドロイドのビー(B2EMO)が、彼女の巨大なホログラムを映し出した。

■マーヴァが言っていたフェリックスからの反乱が今、始まる!

その様子をルーセンとその部下のシンタ、シリル、デドラ、そして高所からキャシアンが見つめていた。ホログラムのマーヴァは言う。「われわれは互いに支え合って、故郷フェリックスを作り上げた。向き合いたくない真実に目を背けたまま―――帝国は闇の中ではびこる病。われわれが眠るほどに力を増す。戦い自体が無駄かもしれない。手遅れかもしれない。しかし、戦い直すのだ。帝国と戦え!」と。日々、抑圧された暮らしを余儀なくされていた人々は、その言葉に鼓舞され、帝国軍に体当たりしていった。

■孤立無援状態になったデドラを助けたのは…

そんな中、キャシアンは帝国軍に捕えられている友人のビックス(アドリア・アルホナ)を救出に向かい、デドラはキャシアンを恨む町民からの情報を元に彼を捕らえに向かっていた。ところがフェリックスの街が戦場と化してしまったことから、デドラがピンチに陥る。部下と離れてしまった上に人々にもみくちゃにされて銃を失い、孤立無援の状態になってしまったのだ。

殺されたくない町民も必死のため、デドラは完全に不利な状態となる。そのデドラを助ける者が現れた。第8話でデドラに呼び出され、面識があったシリルだ。彼はデドラから尋問されたのだが、そうと受け取っておらず、“ストーキング行為”も行っていたことから好意を抱いているのかもしれない。デドラの方は違うようだが、シリルが彼女を助けたという事実が、今後の2人の関係につながっていきそうだ。

デドラについては、もう一つ気になることがある。ISBはアント・クリーガー一味が反乱行為のために発電所を襲う情報を入手していたが、上司はキャシアンも参加したアルダーニでの強奪事件の苦杯を返上することを優先し、捕虜を捕らえずに皆殺しにしてしまった。つまり、上層部にとっては捜査のために情報を聞き出すことよりも帝国のメンツを保つことの方が重要だったわけだ。そこは、何よりも捜査を優先するデドラと相容れない部分で、デドラも不満を抱いている様子。そんな彼女がキャシアンを捕えることに執念を燃やすシリルとつながったということは…。シーズン2での2人の関係性に注目したい。

■友人らを助けたキャシアンが最後にあの男の元へ!

話をキャシアンに戻そう。ビックスを救出したキャシアンは前もって練っていた計画通りに、船を持っている仲間にビックスや箱型アンドロイドのビーを預け、フェリックスから脱出させた。しかし、彼は同乗せず、別の船に向かう。第3話でフェリックスから助け出してくれたルーセンの船だ。

思えば、フェリックスに帰郷してからのキャシアンは、多くの人々の言葉を思い出していた。かつて帝国に殺された義父の言葉。「目を開ければ、可能性は無限だ」。アルダーニの反乱行為で共に戦い命を落とした戦友の言葉。「自由とは純然たる思想――波乱の最前線はどこにでも存在する――小さな抵抗のさざ波が今に帝国を覆い尽くす洪水となる――挑め」。そして、マーヴァのホログラムが放った言葉も、キャシアンの背中を押すのには十分だっただろう。

ルーセンの船で再会した彼に、キャシアンが言う。「殺せ。もしくは仲間にしろ!」。これで、キャシアンが反乱分子の一員になるシーズン2の準備は整った。配信まではもう少し先になりそうだが、早くも期待は膨らむばかりだ。

「キャシアン・アンドー」は、ディズニープラスで独占配信中。

◆文=及川静。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル