top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「ブラボー!」な劇的勝利「ドーハの歓喜」から一夜明け 日本代表・長友佑都「本当に興奮していた」

ABEMA TIMES

 11月23日に「FIFA ワールドカップ カタール 2022」グループEで、日本代表は優勝候補の一角であるドイツ代表に逆転勝利を収め、世界を震撼させた。サウジアラビアがアルゼンチンに勝利したことに続く大番狂わせで、日本では「ドーハの歓喜」と呼ばれる大金星。一夜明けた24日、インタビュー取材に応じたDF長友佑都は前日の試合後に「ブラボー!」と叫んだことに「本当に興奮していた」と照れ笑いした。

【映像】「ブラボー!」な試合を振り返る長友佑都

―非常に「ブラボー」な試合だった。反響は。

 反響はすごかったですね。連絡やメールもたくさん来ましたし、「ブラボー!」に溢れてました。かなり来ていて、友だちが「お前、すごい顔でブラボー!って言っていたな」とメールが来ていて動画を見ていたんですけど、顔が本当にもう(笑)。本当に興奮していたんでしょうね。アドレナリンがかなり出ていて、自分でも怖くなりましたね。

―チームの一体感をより感じた試合だった。よりまとまったか。

広告の後にも続きます

 かなりあると思います。昨日の試合の前からみんなが一丸となっているなというのは感じていたんですが、勝つことによってチームの士気が上がりますし、雰囲気も最高で、いい状態だと思います。

―前半はボールが持てなかった。

 ある程度は想像もしていたし、想定もしていたんですが、思っていた以上にドイツのクオリティの高さと、僕たちが嫌がるようなポジショニングで、かなり難しい試合になりました。前半は特に。

―対ドイツ、ニャブリとのマッチアップのイメージを作っていた。

 むしろ対人ができないくらいの絶妙な配置をみんなが取ってきて、僕は言ってみればニャブリとの1対1のイメージトレーニングをしっかりしていたんで、もっと仕掛けてくるかなと思ったんですけど、本当に周りにいるミュラーとか、素晴らしい選手たちが絶妙なポジショニングを取るんで、なかなか1対1を作らせてくれなかったです。ポジショニングで僕らよりも相手が上回っていた前半でした。

―後半は森保監督がシステムチェンジした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル