top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ポーランド大統領に“いたずら電話” 偽物のフランス大統領と会談「ロシアと戦争はしたくない」

ABEMA TIMES

 「エマニュエル、私を信じてほしい。私は非常に慎重だ。ロシアと戦争はしたくない。細心の注意を払っている」。

【映像】ポーランド大統領、“偽物”の 仏大統領と電話会談

 ポーランド東部にミサイルが着弾した15日の夜、ドゥダ大統領が電話でこう話した相手は、フランスのエマニュエル・マクロン大統領のはずだった。ところが、ロイター通信によると、フランスなまりの英語で話していたという電話の相手は、マクロン大統領ではなく、有名人へのいたずら電話で知られるロシアの2人組だった。

 ドゥダ大統領は、7分半にわたって続いた会話のなかで、「ロシアとの戦争はしたくない」などとNATO(=北大西洋条約機構)の一員として慎重な行動をとることを強調。途中までは真剣に“電話会談”を行っていたが、ポーランド大統領府のTwitterには、「ドゥダ大統領は、相手の異常な会話の進め方から、偽物かもしれないと気づき、会話を打ち切った」とつづられていた。

 2020年にも、国連のグテーレス事務総長になりすました人物からの電話を受けているドゥダ大統領。なぜ、いたずら電話が大統領に繋がったのかは現在、調査中だという。(『ABEMAヒルズ』より)

TOPICS

ジャンル