top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ソン・フンミンvsスアレスのFW対決 韓国初陣で”アジアのジャイキリ”旋風に乗れるか 

ABEMA TIMES

GettyImages

【FIFA ワールドカップ カタール 2022・グループH】ウルグアイ-韓国(日本時間11月24日/エデュケーション シティ スタジアム)

『FIFA ワールドカップ カタール 2022』、大会5日目。4大会連続14回出場のウルグアイと10大会連続11回出場の韓国が対戦。見どころは何と言っても、ウルグアイ ルイス・スアレスと韓国 ソン・フンミンのFW対決。互いのプライドと闘志がぶつかり合う、激しい試合展開が予想される。

【映像】スアレスvsソン・フンミンの闘志溢れるFW対決(放送中)

 南米予選では、5試合未勝利と一時敗退危機に陥りながらも、名将アロンソ監督に替わり終盤怒涛の連勝で本戦出場を決めたウルグアイ。基本は4-4-2のフォーメーションを採用し、前に破壊力抜群のツートップ、エディンソン・カバーニとルイス・スアレス、中盤にロドリゴ・ベンタンクール、フェデリコ・バルベルデ、後ろにディエゴ・ゴディン、フェルナンド・ムスレラらを揃える充実のラインナップだ。本大会は、英雄スアレスをはじめ、カバーニ、ゴディン、カセレス、ムスレラと重鎮たちの集大成となる。

広告の後にも続きます

対する韓国の強みは、欧州でプレーする選手で形成される3トップ。ソン・フンミン(トッテナム)、ファン・ヒチャン(ウォルバーハンプトン)、ファン・ウィジョ(ボルドー)の出来がW杯での結果を左右すると言える。なかでも注目は、アジア人初となるプレミアリーグ得点王に輝いたソン・フンミン。今シーズンはリーグ戦35試合・23得点・7アシストをマーク。ソン・フンミンといえばスピードとフィジカル、切れ味鋭いドリブル突破が武器だ。特に左サイドからカットインしてフィニッシュへと持ち込む形は必殺パターンと言え、今大会も韓国の得点源として大きな期待が集まる。両チームのスターティングメンバーは以下のとおり。

(ABEMA/FIFAワールドカップ カタール 2022)

【ウルグアイ】4-3-3

・GK

セルヒオ・ロチェ(ナシオナル/ウルグアイ)

・DF

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル