top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

“3球団目の正直”へ…西巻賢二がDeNA入団会見で宣言「足と守備を活かしたい」

ベースボールキング

“3球団目の正直”へ…西巻賢二がDeNA入団会見で宣言「足と守備を活かしたい」

◆ 3回目の入団会見

 DeNAは24日、育成選手として獲得を発表していた西巻賢二選手(23)の記者会見を実施。

 「楽天、ロッテ、DeNAと3球団目になります。来シーズンしっかり期待に応えられるように頑張りたいと思っております」と意気込みを語った。


 同席した萩原龍大チーム統括本部長は「内野に加え、今年は外野にもチェレンジされたというユーティリティ性の高さ、そしてサイズの割にはしっかりとした力のある打撃、そしてファームでも去年20個近く盗塁した走力を全般的に評価して獲得させてもらいました」と獲得理由を説明。

 西巻も「内野も守れて、プラス外野も守れる。本当にどこでも出られる準備はしたいと思っています。特に盗塁に関しては一つの武器としてやっているので、足と守備を生かしてやっていけたら」と自身の強みについて語った。


 背水の陣で挑んだトライアウトを経て舞い込んだ吉報には「NPBでプレーをしたいというものが、ロッテから戦力外通告を受けたあともあった。練習を続けて、トライアウトを受けてダメだったら仕方がないと練習してやってきた」とコメント。

 「まずは支配下登録されて、横浜スタジアムでプレーしている姿を見せれたら」と、今後の目標についても言及した。


◆ 早くも「溶け込みやすい」と好印象

 すでに横須賀DOCKで行われた秋季トレーニングにも参加をしており、「チームの雰囲気がとにかく明るいのが印象的で、施設を見てもすごくてビックリしました」とのこと。

 「初めて合流したときから溶け込みやすくて、雰囲気のいいチームだなと思いました」と笑顔を見せる。


 23歳で3球団目の在籍となるが、「誰もこんな経験をしていない。たしかに2回も戦力外通告を受けているんですけど、ありがたい経験ができた」と本人は前向き。

 「最初に楽天から通告を受けたとき、やり残したことが振り返ってみるとありまして、ロッテでももう少しできたなというものがありました。ここではやり残すことがないように、一日一日を過ごしていきたいなと思います」と、稀有な体験を糧にすると誓う

 「背番号129」から1ケタの番号を奪取し、横浜スタジアムで疾走する“ヨコハマドリーム”達成に期待したい。


取材・文=萩原孝弘

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル