top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

石川遼がバーディ数の電子辞書を贈呈 「少しでも刺激になってくれたら」

GDO

石川遼がバーディ数の電子辞書を贈呈 「少しでも刺激になってくれたら」

◇国内男子◇カシオワールドオープン 初日(24日)◇Kochi黒潮CC(高知)◇7335yd(パー72)

カシオ計算機所属の石川遼が、シーズン中のバーディ数に応じて小学生に同社の電子辞書を贈呈する取り組み「バーディチャレンジ」が今年も行われ、会場で贈呈式が行われた。

この取り組みは2018年にスタートし、今年は2020-21年シーズンに獲得した291バーディ分の電子辞書が高知県安芸市立穴内小学校をはじめ、福岡、茨城県、北海道の小学生に贈られる。この日は地元の小学生が会場を訪れ、贈呈式に参加した。

「こうやってゴルフ場に足を運んでくれて、少しでも刺激になってくれたら」と子どもたちとの触れ合いを楽しんだ。自身も中学生の時に、同じ埼玉県出身のプロバレー選手、石島雄介氏が訪問してくれた経験を今でも覚えているという。「スポーツ選手ってかっこいいなと思ったのは忘れられない。(子どもたちに)いろいろな出会いがあるなかで、そのひとつになってくれたら」と話した。

広告の後にも続きます

今季は前週「ダンロップフェニックス」終了時点で254個のバーディを獲得。今大会の初日は5バーディ、2ボギーの「69」で回って3アンダー30位で終えた。「バーディ率は意識している数字。いまはより再現性の高いプレーを目指しつつ、しっかりチャンスを生かしていきたい」と意気込んだ。(高知県芸西村/谷口愛純)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル