top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ザリガニの鳴くところ』リース・ウィザースプーン、敏腕プロデューサーの秘訣は抜群の発掘センス!

MOVIE WALKER PRESS

『ザリガニの鳴くところ』リース・ウィザースプーン、敏腕プロデューサーの秘訣は抜群の発掘センス!

幼い頃より子役として活躍し、ホアキン・フェニックス共演『ウォーク・ザ・ライン 君につづく道』(05)でアカデミー賞主演女優賞に輝いた実力派女優のリース・ウィザースプーン。自身のメディア制作会社「ハロー・サンシャイン」を持つ彼女が、自らプロデューサーとして名乗りをあげた衝撃作が『ザリガニの鳴くところ』(公開中)だ。


本作は、6歳の頃から湿地帯でたった一人で暮らす少女が殺人事件の容疑者となったことで紐解かれる、愛と真実のミステリー。

1969年、アメリカ・ノースカロライナ州の湿地帯で裕福な家庭で育った青年の死体が発見された。町の多くの人々が「湿地帯の少女」と呼ばれるカイアの犯行を疑い、容疑者となった彼女は法廷で裁かれることに。幼い頃より気づかってくれていたトム・ミルトンの弁護のもと、カイアの壮絶な半生と初恋が語られていく。


「主人公のカイアに心奪われた」というウィザースプーンが映画化を熱望し、同じく原作を愛するテイラー・スウィフトが本作の印象的なシーンをモチーフに作曲した楽曲「キャロライナ(Carolina)」を提供。英ドラマ「ふつうの人々(ノーマル・ピープル)」で注目された新星デイジー・エドガー=ジョーンズがカイアを演じ、『ノマドランド』(20)のデビッド・ストラザーンがミルトン弁護士に扮している。

ウィザースプーンはこれまでにも数々の作品をプロデュースして、抜群のセンスで数々のヒット作を生みだしている。ここではその敏腕プロデューサーぶりを振り返ってみたい。

■『ゴーン・ガール』ほか自らの製作会社でヒット作を連発

15歳の時に主演した『マン・イン・ザ・ムーン あこがれの人』(91)でスクリーンデビューしたウィザースプーンは、『キューティ・ブロンド』(01)の世界的ヒットにより一躍スターダムにのし上がった。


そんな彼女のプロデュース力が広く世に知れ渡ったのは、2012年にブルーナ・パパンドレアと共同で製作会社「パシフィック・スタンダード」を設立した時。すでに2000年に立ち上げていた「Type A Films」の流れを汲むこのプロダクションで、ベン・アフレック×ロザムンド・パイク『ゴーン・ガール』(14)、そして自ら主演した感動作『わたしに会うまでの1600キロ』(14)と、次々と話題作を世に送りだしたのだ。


『わたしに会うまでの1600キロ』は、『ダラス・バイヤーズクラブ』(13)のジャン=マルク・バレがシェリル・ストレイドの自叙伝を映画化したヒューマンドラマ。最愛の母を亡くし自暴自棄になっていた自分を立て直すために、1600キロに及ぶアメリカ三大長距離自然歩道の1つである「パシフィック・クレスト・トレイル」に挑んだ女性の人生の再生を描く。ウィザースプーンは始終抑えた演技で、心に深い傷を抱えながらも何とかして這い上がろうとするシェリルの苦悩と闘いを見事に体現。アカデミー賞ではシェリルの母親役を演じたローラ・ダーンが助演女優賞、ウィザースプーンが主演女優賞にノミネートされ、あわせて彼女のプロデュース力も話題となった。


そして様々な活動を通じて男性優位なハリウッドシステムに風穴を開けようとしてきた彼女は、女性たちのさらなる活躍の場を創り出すため2016年に「ハロー・サンシャイン」を設立。そこでメガヒットとなったドラマがニコール・キッドマンと共同製作&W主演した「ビッグ・リトル・ライズ」だ。本作ではキッドマン、ウィザースプーンをはじめにシャイリーン・ウッドリー、ゾーイ・クラヴィッツ、ローラ・ダーン、メリル・ストリープら豪華俳優陣が多数出演。カリフォルニアの高級住宅地を舞台に、セレブママたちの秘密が暴かれていくスタイリッシュなサスペンスには夢中にさせられた。

また、ジェニファー・アニストンとW主演した「ザ・モーニングショー」では、朝の情報番組を舞台に、セクハラ問題にも目くばせしつつビジネスウーマンの生き様を赤裸々に描きだした。本作でウィザースプーンはプロデュースを務めるとともに、熾烈なテレビ業界を生き抜いていく女性キャスターのブラッドリー役を好演している。


■敏腕プロデューサーの秘訣は“本好き”!抜群のコンテンツ発掘力

ウィザースプーンが敏腕プロデューサーであるゆえんは、そのコンテンツ発掘力にある。小さい頃から優秀だった彼女は読書家としても有名だが、物語への深い読解力が優れた作品を見極めるセンスにつながっているのだろう。

出版される前に原作を手に入れ、一晩で読破したという『わたしに会うまでの1600キロ』にせよ、リアーン・モリアーティによる小説「ささやかで大きな嘘」を読んだ彼女が、キッドマンに共同プロデュースを持ちかけたことでドラマ化が実現したという「ビッグ・リトル・ライズ」にせよ、彼女の秀作を見分ける嗅覚、そしてスピーディな行動力には驚嘆させられる。


さらに2018年にはオンライン上の読書クラブ「リースズ・ブック・クラブ×ハロー・サンシャイン」をローンチ。数々の女性作家による良作を紹介しているが、実は『ザリガニの鳴くところ』の原作小説の発掘にはこのブッククラブが一役かっているのだ。

■ブッククラブから火がつき、1500万部を突破したベストセラーを映画化『ザリガニの鳴くところ』

小説「ザリガニの鳴くところ」を手がけた動物学者のディーリア・オーエンズは、子供時代を森の中で育った。その頃に母親から言われていたのが「ザリガニの鳴くところまで行きなさい」という言葉で、大自然の奥深くまで体験することを勧められていたのだという。昆虫や羽根を収集し、野生から様々なインスピレーションを受けた彼女は、その後 (元)夫と暮らしたアフリカでの生活を紹介する3冊のノンフィクションを上梓。そのいずれもが世界的ベストセラーとなっている。


そしてリタイア後、69歳の時に執筆したのが映画の原作本となった処女小説。それをウィザースプーンがブッククラブの課題本として取り上げたところから火がつき、ほどなくベストセラーのリスト入りに。「ディーリア・オーエンズの本は極めてオーセンティックで、彼女が実際にこういう場所で育ったということが伝わってきました」とウィザースプーンは原作本の持つリアリティあふれる力強さについて語っている。

幼い頃に両親から見捨てられたヒロインであるカイアは、片田舎でコミュニティから外されながらも大自然から多くのことを学んで過酷な世界を生き抜いていく。それは大自然が彼女に与えてくれた知識という恵みであり、生きる術だった。


逆境のなか、自分の得意分野を武器に自分の生きる場を確立していくバイタリティあふれるカイアの姿は、女優として一時期低迷しながらも、優れた作品を見分ける力と長いキャリアから得た知識をフル活用して道を切り拓いたウィザースプーンの姿にどこか重なる。

そんなウィザースプーンが率いる「ハロー・サンシャイン」は昨年980億円という驚異の評価額をたたき出し、さらなる飛躍を遂げようとしている。敏腕プロデューサーの彼女が太鼓判を押す『ザリガニの鳴くところ』。美しい大自然の風景と可憐&たくましいカイアのミステリアスな魅力にうっとりとしつつ、様々な想いが一挙に押し寄せる真実の行方を見届けてほしい。

文/足立美由紀

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル