top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

 『劇場版 呪術廻戦 0』12月24日よりPrime Videoで独占配信 全世界興収は265億円を突破

Real Sound

『劇場版 呪術廻戦 0』©︎2021「劇場版 呪術廻戦 0」製作委員会 ©︎芥見下々/集英社

  『劇場版 呪術廻戦 0』が12月24日よりPrime Videoで独占配信されることが決定した。

参考:『呪術廻戦』第2期、連続2クール放送決定 「渋谷事変」ビジュアルも公開

  『週刊少年ジャンプ』(集英社刊)にて連載中、シリーズ累計発行部数7000万部を突破している芥見下々の人気コミック『呪術廻戦』。初の映画化となる『劇場版 呪術廻戦 0』は、国内興行収入138億円の大ヒットを記録した。さらに待望のTVアニメ第2期も2023年に放送されることが決定している。

 『劇場版 呪術廻戦 0』は、既刊単行本の中でも人気のストーリーの一つである『呪術廻戦』の前日譚であり、本編の連載前に芥見が短期集中連載として描き下ろした『呪術廻戦 0 東京都立呪術高等専門学校』を映画化したもの。主人公の乙骨憂太を中心に“愛と呪いの物語”が描かれる。

 劇中において重要な“百鬼夜行の決行日”である2021年12月24日に劇場公開された『劇場版 呪術廻戦 0』。公開からちょうど1年後の“百鬼夜行の決行日”よりPrime Videoで独占配信されることが決まった。

広告の後にも続きます

 国内のみならず海外でも注目を集め、89の国と地域で公開された本作。海外の興行収入は127億を突破、さらに海外動員数は1067万人を記録し、北米では日本映画史上歴代4位の興収を樹立した。国内をあわせると、全世界興収が265億、全世界動員は累計2051万人を記録する大ヒット作品となった。(リアルサウンド編集部)

TOPICS

ジャンル