top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

堤真一​​“片岡”、美女・松本若菜“溝口”にときめく表情に「面白すぎる」

TVerプラス


奈緒が主演を務める『ファーストペンギン!』(日本テレビ系、毎週水曜22:00~)の第8話が、11月23日に放送。ネット上では、片岡洋(堤真一)の表情の変化に注目が集まった​​(以下、ネタバレが含まれます)。

船の転覆事故をきっかけに漁師たちが去ってしまった。メンバーは、片岡と小森賢太郎(北川尚弥)ら数人のみ。岩崎和佳(奈緒)は、呼び戻そうとするが、片岡に拒否されてしまう。その代わり、今度漁師を集めて行われる和佳の講演会にて、人員を募集すればいいとの提案が。そこで、彼女が講演する水産フェアに片岡も連れていくことになった。

片岡がチラシ配りをする中、和佳は農林水産省の職員・溝口静(松本若菜)を紹介した。名刺を差し出す彼女に固まってしまう片岡。すぐに和佳を連れ出し「あねぇなキレイな人やとは聞いちょらんど!」と大慌て。自分が話しかけたら、けがれてしまうと逃げ出した。

その後も片岡はチラシ配りに勤しむ。コワモテの漁師に「この通りじゃ」と頭を下げるが「オヤジのことは裏切れん」と断られてしまった。彼の言うことも痛いほどわかる片岡は「そりゃそうじゃのう」と落ち込んだ。

そんな中、溝口がもうすぐ和佳の講演が始まると教えにやって来た。片岡は驚きでまたも固まってしまい「おお……」と狼狽した。

ネット上では、片岡の表情がコロコロ変わるシーンや、任侠ドラマのようなやりとりに「面白すぎる」「任侠ドラマ?」「変顔すなw」​​とのコメントがあった。

次回は11月30日に放送。波佐間成志(小西遼生)は、和佳に「浜の船団を一つの会社にまとめませんか?」と大胆な提案を持ちかける。​​

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル