top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

世紀の名勝負「昭和の怪物」と「黒潮打線」との最後の夏が始まる

幻冬舎ゴールドライフオンライン

1973年、春の全国高校野球。優勝候補の名門校が、一回戦で姿を消した――歴史的敗戦によって厳しい批判を浴びる中、打倒「昭和の怪物」を目指して奮闘した高校球児と名将に迫る、渾身のルポルタージュ。※本記事は、畑山公希氏の書籍『怪物退治の夏』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】「江川キラー」と呼ばれた青野達也は何本のヒットを打ったのか

1.歴史的大敗からの「怪物退治」へ

次の対戦は、昭和48年の4月29日。この日は当時の天皇誕生日で、銚子商は、作新学院のグランドに遠征。敵地でのダブルヘッダー(練習試合)に臨むが、1戦目で江川と対戦し3-2で銚子商が負け。だがここで特筆すべきことがあった。

この試合では、2番打者として出場していた、斎藤監督が待ち焦がれ、銚子商に入学した天才打者、篠塚が怪物江川からヒットを放っていた。2戦目は作新側の控えの大橋康延投手(作新-大洋)が投げたが、この試合も2-0と銚子商が完封負けを喫した。そして、3度目が昭和48年の春季大会の関東大会の準決勝で、銚子商はこの時、5安打9奪三振を喫し5-1で試合を落としている。

だが、明らかに三振の数が減少している事と、秋季大会では1安打だったものが、5安打と確実に怪物江川に「近づいている」と実感していた。

広告の後にも続きます

そして昭和48年の夏の甲子園大会。斎藤監督、そして選手にとって「怪物」と相まみえるのは4度目となり、怪物にとっても3年生で最後の夏だった。先の春のセンバツでの初戦敗退。しかも歴史的な大敗北の雪辱に燃えたこの時の夏だった。

この時、銚子商と斎藤監督は、時間をかけて江川対策を講じてきた。ただ、何万といる高校球児の中で、当たるかどうかわからない一人の大投手を意識して、日々の練習を行うというのも、一般の人々からしてみればその思惑は計り知れない。しかし、当時の様子を聞くと、斎藤監督だけではなく、選手たちも必ず怪物と当たることを予感していたという。その結果として、この昭和48年の夏の2回戦において、作新学院とは5度の対決、怪物江川との対戦は実に4回目ということだった。

実は後日談があり、この江川に初めて勝った夏の甲子園の後に行われた同じ年の国体。この時銚子商の地元、銚子市で行われた国体でも「5度目」となる対決を銚子商ナインは経験しており、この時も銚子商は作新に勝利している。

この時期に、唯一銚子商が作新と当たっていないのが、「大敗」した春のセンバツという事になる。だからこそだが、あのセンバツでの大敗は大きに意味があったと、当時グランドで江川投手と対戦した元選手は語った。

そして目の前のマウンドには、もはやすでに伝説としか言えない、後世に残るであろう怪物が、銚子商の目の前に立ちはだかっている。

後に、甲子園史上最強の投手と謳われた「昭和の怪物」。公式戦、練習試合では未だ怪物と作新には勝ててはいない。しかし、この日のために、しかも、甲子園という全国の舞台で怪物を倒すために、本当に試合で当たるかわからない相手である江川対策を日々講じてきた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル