top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SixTONES・田中樹 プレッシャー克服術受け、“推し”は「何人もいたほうがいいんだね」

WEBザテレビジョン

SixTONES・田中樹 プレッシャー克服術受け、“推し”は「何人もいたほうがいいんだね」

SixTONESがMCを務める「バリューの真実」(NHK Eテレ)。11月22日の放送では、「プレッシャー克服術 テスト・受験編」が放送された。

■試験当日のプレッシャー克復術

番組が実施したアンケートに答えた高校生(200人)の87%が知りたいと答えた「試験当日のプレッシャー克復術」。試験当日のプレッシャー克復術として、「アップテンポの曲を聴くとやる気がでる」といった高校生の意見に、公認心理師の川島達史さんは「緊張をすごくしている時に、アップテンポの曲は余計緊張が高ぶってプレッシャーが大きくなることもある」とし、「前もって、その音楽で落ち着いた気分になれるか練習しておくとよい」とアドバイス。ちなみに川島さんのおススメはクラシック音楽で、心をリラックスさせる効果があるのだとか。

■ホッとできる推しの画像

これと同じように、「推しの画像を見る」にも、気にしなくてはいけないことがあると川島さん。「プレッシャーを感じている時は脳や体が興奮している状態なので、興奮するような推しの画像を見るとケアレスミスが多くなることも」と、注意を促した。「おススメなのはホッとできる推しの画像」と川島さんの発言から、田中樹は「(アグレッシブ系の)ジェシーと(森本)慎太郎は絶対に見ない方がいい」と、コメントして笑いを誘った。

リラックスし過ぎているときは逆に、元気の出るような推しの画像を見るのが良く、その日の状況によって推しを使い分けることがおススメと川島さんの発言を受け田中は「推しを何人も持っていたほうがいいんだね」と、まとめた。

次回、「バリューの真実」は11月29日(火)夜7:00から「伝わりやすい文字」を放送予定。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル