top_line

浅野拓磨の逆転弾に「マジかよ…」ドイツが世界に誇る守備陣が“ポカン顔”の決定的瞬間

ABEMA TIMES

【FIFAワールドカップカタール2022】ドイツ1 – 2日本(日本時間11月23日/ハリーファ国際スタジアム)

 7大会連続7度目のワールドカップ(W杯)出場で初のベスト8進出を目指す日本代表(FIFAランキング24位)が、W杯4回の優勝を誇るドイツ代表(同11位)と対戦。33分にPKで先制を許すも、75分に堂安律が同点ゴール、直後の83分に浅野拓磨が逆転のゴールを叩き込んで歴史的な逆転勝利を収めた。右サイドから鋭く切り込んだ浅野が放った逆転ゴールの際には、ドイツが世界に誇るGKのマヌエル・ノイアー(バイエルン/ドイツ)、DFのニコ・シュロッターベック(ドルトムント/ドイツ)といった守備陣が「マジかよ…」とでも言わんばかりに顔を見合わせて“ポカン顔”を浮かべた。

【映像】ドイツ守備陣が「ポカン顔」の決定的瞬間

 33分にGK権田がPKを献上するも同点に追いついた日本は、その後も主導権を握ると83分、バックラインからのロングフィードに抜け出した浅野拓磨が巧みなトラップから前を向いてボックス右に侵入。そのまま右足でニア上に蹴り込むと、ボールはGKノイアーの頭上を撃ち抜いてネットを揺らし日本が逆転に成功した。

 浅野は背後からのロングフィードを巧みなトラップで足元に置くと、前を向いてのワンタッチでニコ・シュロッターベックを置き去りに。さらに2タッチ目でノイアーの頭上をかすめてゴールネットに突き刺した。

広告の後にも続きます

 スタジアムが騒然となる中、してやられたノイアーとニコ・シュロッターベックは顔を見合わせて「マジかよ…」といった様子で“ポカン顔”。ニコ・シュロッターベックにいたっては右手を上げ、オフサイドをアピールするも浅野の歴史的な逆転ゴールは揺るがなかった。(ABEMA/FIFAワールドカップカタール2022)

(C)Getty Images

TOPICS

 
   

ランキング(スポーツ)

ジャンル