top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「有り得ない」逆転ゴールの守備に不満のギュンドアン、日本戦黒星の理由「誰もがボールを欲しがっているわけではない」

超ワールドサッカー

「有り得ない」逆転ゴールの守備に不満のギュンドアン、日本戦黒星の理由「誰もがボールを欲しがっているわけではない」

ドイツ代表のMFイルカイ・ギュンドアンが、日本代表戦を振り返った。ドイツサッカー連盟が伝えた。

23日、カタール・ワールドカップ(W杯)グループE第1節でドイツは日本と対戦した。

下馬評ではドイツが優勢。5度目のW杯制覇を目指すチームは前半から押し込むと、ギュンドアンのPKで先制に成功する。

その後も押し込み続けると、前半アディショナルタイムにはカイ・ハヴァーツがネットを揺らすが、VARチェックの結果、オフサイドで取り消しとなった。

後半は1点リードで迎えたが、日本がシステムを変えたことでチャンスを作れるようになる。それでもドイツが押し込み続け、何度となく日本ゴールに迫ったが、GK権田修一の好セーブに阻まれ、得点は奪えず。

すると、ブンデスリーガでプレーする堂安律(フライブルク)、浅野拓磨(ボーフム)がゴールを奪い万事休す。初戦で負けられないドイツは猛攻を仕掛けるが、最後までネットを揺らせず、1-2で逆転負け。2大会連続で初戦黒星となった。

試合後、ギュンドアンは「僕たちが日本に簡単にやらせすぎた。失点の仕方があまりにも簡単すぎた」と失点シーンを悔やむことに。「特に2点目は、W杯ではこれほと簡単なゴールはないというくらいだ。こんなことは有り得ない。W杯を戦っているんだ」と、あまりにもお粗末な失点の仕方に怒りを露わにした。

また、自分たちの攻撃に関しては「僕たちはほとんどの部分で試合を支配した」としながらも、「信じられないほどのチャンスがあったが、2点目を奪えなかった」と、決定力を欠いたことに言及。「それぞれのポジションで悪いプレーをしているわけではないが、信念が欠けていた。ボールを持って、動いて、パスを出す。誰もがボールを欲しがっているわけではないという感じだった」と、チーム全体が上手く機能していたわけではなかったと振り返った。


TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル