top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

SNSで話題!20キロ痩せた5児の母が実践した「副菜いっぱい」ゆるルール

レタスクラブ





忙しいあなたでもこれなら成功できる!?
脂肪を持っていれば持っているほど、工夫でがっつり体重は落とせます。

産む度太る、時間無し、環境無し。5児の母、太め人生だった著者のにーよんさんが、ジムにもエステにも行かず、なるべくお金も時間もかけずにできたダイエット法をご紹介!

実際ににーよんさんがトライしたダイエット方法で、勇気と希望がもらいながら楽しく痩せられるテクニックをご紹介します。

ゆるルール
「まごわやさしいこ」を意識して食べる

■目指せ! 全項目制覇
健康的な食生活に役立つ、和の食材の頭文字を並べた『まごわやさしいこ』。あなたも一度は耳にしたことがあるのでは? 実はこのラインナップ、ダイエットにも効果テキメンなんです。ダイエットは、食べる量を変えること以上に、内容を変えること。1日3食で全項目制覇できれば、痩せ体質になること間違いなし。ただ、ごく普通の食事ではなかなか達成できません。だからこそ、ゆるルールの「副菜いっぱい」が重要なんです。


まめ
・大豆
・枝豆などの豆類
・豆腐やみそ、豆乳などの大豆加工品

ごま
・黒ごま
・白ごま
・ナッツ類などの種子類

わかめ
・わかめ
・昆布
・ひじき
・めかぶなどの海藻類

やさい
・緑黄色野菜
・旬の野菜
・旬の果物




さかな
・青魚
・白身魚
・貝類
・しらすなどの小魚

しいたけ(きのこ)
・しいたけ
・しめじ
・えのき
・エリンギなどの菌類

いも
・さつまいも
・じゃがいも
・さといもほか、ごぼうなどの根菜類

こめ
・玄米
・白米
・雑穀米
・オーツ麦(オートミール)などの穀類

■1食どれくらい食べるの?
食べる量に関しては、最初の5日間で挑戦したレシピの量が理想です。
ごはん100g(体格に応じて100~150g)、肉や魚などのたんぱく質はにぎりこぶし大、そして副菜が3~4品。カロリー計算は、面倒なのでほとんどしません。

なぜ『まごわやさしいこ』を意識するのかって?

それはなんか食べたい欲求が減るからです!
「なんか食べたい!」という脳にダマされない。


甘いもの食べたい、お腹空いたという欲求は、あなたに何らかの栄養素が不足しているサイン。それを脳みそが「甘いものを食べてガツンと血糖値を上げろ~」とか「なんでもいいから食え~」と指令を出してくるわけです。でも、足りないのは糖分ではないことがほとんど。『まごわやさしいこ』で必要な栄養素が満たされていれば、不思議と甘いもの欲求も落ち着きます。しかも代謝がガンガン上がるため、栄養たちが「うおぉぉぉ! 俺たち相乗し合ってるぅぅぅ!! 相性良すぎワロタ」的な燃え方をするんです。本当です。


作=にーよん

※本記事はにーよん著の書籍『ダイエット母さん、20kgの脂肪をちぎり捨ててみた。 マネするだけ5日間痩せプログラム』から一部抜粋・編集しました。

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル