top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『チェンソーマン』アキと姫野のリアルで切ない距離感 ゲロチュー回が描く繊細な人間関係

Real Sound

 Get get get on!  Get get get on! Get on chu! 『チェンソーマン』第7話「キスの味」、観た方にはどんな味だったかお分かりいただけただろう。二日酔いの朝に観るのはなんとも避けたい回だった。

 さて、前回のラストでクリフハンガーになっていた永遠の悪魔との戦い。デンジが悪魔内部に潜っていくと同時に、マキシマム ザ ホルモンの「刃渡り2億センチ」が流れ始める演出はカッコいい。しかし、コウモリの悪魔戦の時のように原作でインパクトの強いシーンが引きでとられていることが多く、全体像がミニマムにまとまってしまった印象も否めなかった。加えて、声入りの楽曲を流してしまったことで「永久機関が完成しちまったなアア~!! これでノーベル賞は俺んモンだぜ~!!」という、作品の中でも人気の高いセリフも声に声がかぶってしまい、インパクトに欠けてしまったように思える。

 最終的にデンジの拷問は3日間続き、永遠の悪魔が自分の心臓を差し出すことで一件落着した永遠の悪魔編。このアークは並行して、「姫野とアキ」編と言っても過言ではないくらい2人の関係性を丁寧に描いていた。第7話でもデンジの戦いぶりを見た姫野が、岸辺との会話に始まりアキを公安から離れさせようとしていた過去を思い返す。彼女の回想シーンは、全てが彼女のアキに対する想いでしかない。彼女の瞳の中にアキが映り続けているように、彼女が本当にずっと彼のことを考えている。タバコをめぐって「依存するものがあるっていいよね~」と話をしていたが、この章を通して姫野が本当に依存しているものがアキであることが明確に描かれているのだ。

 『チェンソーマン』はバトルアクション作品といえばそうだが、登場人物それぞれの思惑の交差がかなり緻密に描かれている点も強い魅力である。3日間の戦いが終わって「疲れたから寝る」というシーンでも、自然に布団の中に入ってきて自分の頭を抱いて寝る姫野に対して、アキは照れるわけでも驚くわけでも、抵抗するわけでもなかった。2人が一緒に寝ることに慣れていそうな、この小さな描写で彼らの関係性の内訳が想像できるのが良い。ただ、この2人の関係性はある意味かなり現実味があって、姫野側になってしまう女の子は共感性が高くて爆発するし、アキ側をやったことがある男の子は都合が悪くて目を逸らしてしまうんじゃないか。

 アキは姫野に感謝しているし、多分最初は好きだったかもしれない。一緒にいてもラクだし。そして彼なら、姫野が自分に特別な感情を抱いていることにだって気づいているだろう。そういう関係だったけど、結果的にアキはマキマのことが好きだ。しかもそれを平気で姫野に伝える。本人はわざとなのか、無自覚なのかわからない。「どうせ飲むならマキマさんと飲みたい」の一言を放ったとき、それを聞いた姫野の表情をあえて映さなかったのはよかった。飲み会の時も、マキマが来たら秒で席を用意するアキ。一方で姫野が彼に“はじめて”を教えたのは、タバコのことだけではないはず。割り切った関係ですよって顔をしながら、本命の話をされると普通に傷ついてしまうし、「あんなクソ女やめときゃいーのに」と愚痴る姫野は、いじらしくて寂しくてかわいい大人の女性だ。漫画・アニメの登場人物なのに、そこにはリアルな「女」が描かれている。藤本タツキの描く“女性”は、かわいくて綺麗だけではな、くグロテスクな部分もしっかりあるから美しい。

広告の後にも続きます

 飲み会もリアルな雰囲気が印象的だった第7話。姫野のセリフが重なってしまい、字幕が出ないとなかなか気付けない情報になっていたが、コベニが9人姉妹であることが明かされた。ホテルで両親に風俗で働くかデビルハンターになれと迫られたこと、居酒屋で「こんなに美味しいものを食べたことがない」と感動していたことなど、コベニというキャラクターのアウトラインが徐々に捉えられるようになってくるのが面白い。デンジが思いのほか子供だったことを知って驚いた荒井も、ファーストキスがゲロキスでショックを受けるデンジを見て、それが実感できたのかもしれない。トイレで吐く彼の背中を笑いながらさすってあげるシーンには、温かいものを感じた。

 さて、デンジといえば初キスを大好きなマキマに見られただけでなく、なんと姫野にもお持ち帰りされてしまう始末。セカンドキス(お酒の味)も奪われた彼は、他のものも奪われてしまうのか!?(アナイス/ANAIS)

TOPICS

ジャンル